TOP > ニュース 一覧

【修斗】環太平洋王者SASUKEが初防衛戦、佐藤ルミナ弟子・内藤太尊を迎え撃つ=1.31

2021/01/01(金)UP

環太平洋王者・SASUKEが初代王者の弟子・内藤を挑戦者に迎える

 1月31日(日)東京・ニューピアホールにて開催される『PROFESSIONAL SHOOTO2021開幕戦 Supported by ONE Championship』の対戦カードが発表された。本大会は昼夜大会の二部構成を予定している。

 20年9月に環太平洋フェザー級王座を獲得したSASUKE(マスタージャパン)が早くも防衛戦に出陣。極真仕込みのストライカー・内藤太尊(roots)を挑戦者に迎える。

王座を奪取したSASUKEのパウンド(c)SUSUMU NAGAO

 SASUKEは16年にプロデビューしたが、怪我により16年12月の山本健斗デリカット戦以来長期の戦線離脱。3年間のブランクの後、19年7月に復帰を果たした。その試合から20年5月の西浦ウィッキー聡生戦まで4連勝と好調。同年9月に仲山貴志を下し、環太平洋フェザー級王座を手にした。

 対する内藤は極真カラテ全米選手権を制した打撃を武器とするストライカー。前戦となった19年7月には青井人を2RTKOで撃破した。ジムの代表である佐藤ルミナは修斗環太平洋フェザー級の初代王者。内藤にとって師が巻いたベルトの奪取は悲願ともいえるだろう。

 修斗愛を叫ぶSASUKEが初防衛を果たすか、内藤が師が巻いたベルトをジムへ持ち帰るか、意地がぶつかりあう一戦となるだろう。

“最も戦いたくない男”藤井伸樹がRIZIN帰りの加藤ケンジと対戦

 毎試合大激戦となり、各選手から“最も戦いたくない男”と呼ばれる藤井伸樹(ALLIANCE)が開幕戦に登場。RIZIN帰りの加藤ケンジ(K.O.SHOOTO GYM)と対戦する。

 藤井は長くパンクラスを主戦場に戦い、16年から18年にかけて6連勝をマーク。18年11月に修斗に舞台を移すと、毎回繰り広げられる激戦から“最も戦いたくない男”と称される。2020年は1月に”天才”田丸匠に判定負けを喫するも、9月には後藤丈治を真っ向勝負でねじ伏せ判定勝利を勝ち取った。

山本アーセンを粉砕した加藤の右ストレート

 対する加藤は静岡出身でDEEP、修斗を主戦場とし、2016年9月から2018年7月にかけ6連勝をマーク。その後も魚井フルスイング、ガッツ天斗、”The ギロチン”齊藤曜らと対戦。20年2月にRIZINに初参戦を果たすと金太郎に一本負けを喫したが、同8月には山本アーセンをTKOで破り再起を果たしている。

 激戦王・藤井が”藤井沼”に引きずり込むか、加藤がRIZIN帰りの勢いのまま飲み込むか、注目の一戦となった。

山田(左)とカルンダ(右)、修斗重量級のマッスル対決を制するのはどちらか

 さらに、ZSTウェルター級王者・山田崇太郎(ThePandemonium)が修斗初参戦。“アフリカンビースト”グンター・カルンダ(コンゴ/Tri.H studio)と、83.9kg契約で対戦することが決定した。

 山田は、プログラップリング(組み技)イベント『QUINTET』で強烈な“極め強さ“を見せつけるなど、近年はグラップラーとして注目を集めており、今回は約3年ぶりのMMA復帰戦となる。一方のカルンダは、ONEウォーリアーシリーズにエントリーしている柔道ベースのファイター。昨年9月のRoad to ONEでは、パンクラス王者・手塚裕之に初回KO負けも真っ向勝負を演じた。

年をまたいでインフィニティリーグが再開、1位のよしずみと同率2位の石井が対戦

 また本大会ではコロナ禍で年をまたぐこととなった「インフィニティリーグ2020」バンタム級公式戦2試合が決定。現在勝ち点4でトップを走るよしずみ(HAGANE GYM)と勝ち点3で追う石井逸人(TRIBE TOKYO M.M.A.)が対戦。さらに勝ち点3の小野島恒太(Combat Workout Diamonds)と勝ち点0の野尻定由(赤崎道場A-SPIRIT)が対戦する。

 その他、上記を含み13試合のカードが発表。昼夜大会どちらで行われるかは、追って発表を予定している。

☆12.31 修斗 対戦カード、イベント情報はこちら

<決定対戦カード>
▼環太平洋フェザー級チャンピオンシップ5分3R
SASUKE(マスタージャパン/王者・初防衛戦)
vs
内藤太尊(roots/同級5位)

▼65.8kg以下契約 5分3R
藤井伸樹(ALLIANCE)
vs
加藤ケンジ(K.O.SHOOTO GYM)

▼76.5kg契約5分3R
西川大和(西川道場)
vs
マックス・ザ・ボディ(BRAVE)

▼インフィニティリーグ2020バンタム級(65.8kg契約)5分2R
よしずみ(勝ち点4/HAGANE GYM)
vs
石井逸人(勝ち点3/TRIBE TOKYO M.M.A.)

▼インフィニティリーグ2020バンタム級(65.8kg契約)5分2R
小野島恒太(勝ち点3/Combat Workout Diamonds)
vs
野尻定由(勝ち点0/赤崎道場A-SPIRIT)

▼70.3kg契約5分2R
木下タケアキ(和術慧舟會HEARTS)
vs
大瀬良康平(リバーサルジム横浜グランドスラム)

▼女子54kg契約5分2R
宝珠山桃花(赤崎道場A-SPIRIT)
vs
柳仙香(ALLIANCE)

▼65.8kg契約5分2R
齋藤翼(総合格闘技津田沼道場/FIGHT FARM)
vs
新井拓巳(ストライプル新百合ケ丘)

▼61.2kg契約5分2R
鎌田悠介(ピロクテテス新潟)
vs
関口祐冬(修斗GYM東京)

▼61.2kg契約5分2R
恐山 陸奥太郎(パラエストラ松戸)
vs
一杉芳樹(駿東修闘クラブ)※プロデビュー戦

▼61.2kg契約5分2R
佐々木駿友(T-GRIP TOKYO)※プロデビュー戦
vs
寺島直人(SUBMIT MMA)※プロデビュー戦

▼83.9kg契約5分3R
山田崇太郎(日本/ThePandemonium/ZSTウェルター級王者)
vs
グンター・カルンダ(コンゴ/Tri.H studio)

▼77.1kg契約5分2R
ヨシ・イノウエ(パラエストラTB)
vs
上原 平(リバーサルジム 横浜グランドスラム)

●編集部オススメ

・[前回の試合]SASUKEが仲山をTKOで破り環太平洋王者に、世界王者・斎藤裕へ対戦要求=2020年9月

・“最も戦いたくない男”藤井伸樹が初参戦の後藤丈治に粘り勝ち=2020年9月

・【クインテット】山田崇太郎が決勝で3人抜き、4つの一本勝ちと驚異の強さ発揮

・【RIZIN】萩原京平が平本蓮にパウンドTKO勝利「アマチュアからやり直した方がいい、MMAそんなに甘くない」

・【RIZIN】堀口恭司、朝倉海を1R KOで王座奪還「やっと取り戻した」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧