TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】元K-1王者・武居由樹が堂々のスパーでプロテスト合格「スタートラインに立てた」

2021/01/08(金)UP

元K-1王者の武居がボクシングプロテストに合格した

 1月8日(金) 大橋ジムにて元K-1GP世界スーパーバンタム級王者・武居由樹(24=大橋)ボクシングのプロテストを行いB級ライセンスに合格した。武居は3月11日(木) 後楽園ホールにて開催される「フェニックスバトル76」にてプロボクシングデビューが決定しており、これで6回戦デビューが可能となった。

 プロテストでは新型コロナウイルス感染防止策として、JBC(日本ボクシングコミッション)から審査員1人が大橋ジムに派遣された。受験者は武居1人で「緊張する」と挑む武居。スパーリング実技の相手は同門で日本ランカーの溜田剛士が務め、序盤は様子を見た感じだったが、徐々に熱が入り、武居がボディ、フック、アッパーをヒットさせるなど迫力あるスパーの内容となった。そのほかにシャドーや筆記試験などもパスした。

 武居はSNSで「本日プロテストをやらせていただき、合格することができました!ボクサーとしてスタートラインに立てました!」と報告している。
果たして3月のプロデビューの相手は誰になるのか、プロデビュー戦に注目が集まる。

▶︎次のページは武居のプロテスト、スパーリング

●編集部オススメ

・元K-1王者 武居由樹が3月にプロデビュー戦「思っていたより早かった」(武居)

・ボクシング転向のK-1王者・武居由樹、アマ8冠の中垣龍汰朗と白熱スパー動画にデビュー期待の声

・武居由樹のパンチはなぜ倒れる?決勝で対戦した玖村将史語る

・井上尚弥が、あのKOパンチの練習動画を公開”これは死ぬレベル”(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧