TOP > ニュース 一覧

元RIZIN王者マネル・ケイプ、UFC王者フィゲイレードを挑発「まるで子供」

2021/01/09(土)UP

元RIZINバンタム級王者マネル・ケイプ

 元RIZINバンタム級王者のマネル・ケイプ(27=アンゴラ)が、UFCフライ級王者のデイブソン・フィゲイレードを「まるで自分の子供のようだ」と揶揄した。

 1月8日に配信された中国MMAメディア『South China Morning Post』の取材で、ケイプは昨年12月13日に開催された『UFC256』でのフライ級タイトルマッチで激闘を交わした王者フィゲイレードと挑戦者ブランドン・モレノについてコメント。「ヤツらは小さい。この階級だと自分は大きいね。大きくて、速くて、スマートさ。ブランドン(モレノ)は痩せてる。そして、デイブソン(フィゲイレード)と自分を比べると、自分は身長が高くて、パワーもあり、体調も上だ」と、自信満々の様子。

朝倉海の顔面にパンチをクリーンヒットさせるケイプ(左)

 ケイプは当日、この試合の両選手のどちらかが欠場となった場合に代役出場するバックアップファイターとして大会入りしており、2人を間近で見た印象を「彼らは自分の子供のようだ」といい、さらに「2人が自分を見た時“コイツは本当に125ポンドなのか?”と思ったはずだ。目は嘘をつかないからね。(2人の目を見て)そう理解した。自信を持ったよ」と、フィジカル面で自身が大きなアドバンテージを持っていることをアピールした。

 しかし、公表されている3者の身長は、ケイプは167cm、フィゲイレードは165cm、モレノに至っては170cmあり、それほど変わらない事からこれらの発言は高い身体能力を誇るケイプならではの“ビッグマウス”なのかもしれない。

 ケイプはさらに「デイブソンはスタミナがないね。3ラウンド以上行く試合になると、いつも逃げる。それ以上戦いたくないんだろう。彼に対し良い作戦を持っている。いつか対戦するだろうが、その時は美しい試合を見せてやる」と、将来のタイトル戦に向けて大きな自信をみせた。

 ケイプは2019年の大晦日で朝倉海にTKO勝利し、RIZINバンタム級の王者となったが、20331日にUFCへの移籍を発表。年内のデビュー戦が期待されたが、負傷や対戦相手のコロナ感染などの理由で実現せず。今年26日に開催予定の大会で、当初から組まれていたアレッシャンドリ・パントージャ(30=ブラジル)と対戦する予定となっている。

●編集部オススメ

・元RIZINバンタム級王者マネル・ケイプのUFCデビュー戦は来年2月に

・UFC電撃移籍のRIZIN王者マネル・ケイプ「引き抜かれました」榊原代表が経緯語る

・【UFC】王者フィゲイレードがモレノと激闘ドローで防衛成功、ホワイト社長“フライ級史上最高の試合”と大絶賛

・UFC選手リベラが殺人未遂で逮捕「神からの指示があった」

・美女格闘家ぱんちゃん璃奈、新年に”雄叫び顔と迫力マッスルポーズ”果たしてその真意とは

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧