TOP > 試合結果 一覧

【UFC】王者フィゲイレードがモレノと激闘ドローで防衛成功、ホワイト社長“フライ級史上最高の試合”と大絶賛

2020/12/13(日)UP

激闘を戦い抜いたフィゲイレード(左)とモレノ(右)(getty/Zuffa LLC/UFC)

WME-IMG
『UFC 256』
2020年12月13日(日・日本時間)米ネバダ州ラスベガス/UFC APEX

▼フライ級タイトルマッチ 5分5R
デイブソン・フィゲイレード(ブラジル/王者)
判定1-0 ドロー ※47-46、47-47×2
ブランドン・モレノ(メキシコ/同級1位、挑戦者)
※ドロー判定により、フィゲイレードが2度目の王座防衛

前日計量でフェイスオフ、フィゲイレード(左)とモレノ(右)(getty/Zuffa LLC/UFC)

 王者デイブソン・フィゲイレード(26=ブラジル)は今年2月のフライ級王座決定戦で、ジョセフ・べナビデスに2R TKO勝利を飾るも、体重超過で王座の権利を剥奪。その後、7月のダイレクトリマッチでベナビデスを1R リアネイキッドチョークで絞め落とし、新王者に。
 さらに前回の防衛戦で、挑戦者のアレックス・ペレス(米国)を僅か1分57秒のギロチンチョークで破り、その圧倒的な強さを見せつけていた。今回の試合でもチョークで極めるか。

 対する挑戦者のブランドン・モレノ(27=メキシコ)はランキング1位の実力者。
フィゲイレードと同じく今年11月の『UFC255』に出場し、ブランドン・ロイバル(米国)から1R TKO勝利を収めていた。現在、3連勝中でメキシコ人初のUFC王者を目指す。MMA戦績は18勝5敗1分け。

強烈なバックスピンを放つフィゲイレード(左)(getty/Zuffa LLC/UFC)

 1R、いきなりバックスピンキックのフィゲイレード。強烈なプレッシャーでモレノが常にケージを背負う。フィゲイレードは前手を下げてノーガードで前進。右のオーバーハンドをヒットさせるフィゲイレード。飛び込んで左のボディを突き刺すフィゲイレード。左のジャブがモレノの顔を跳ね上げる。
 モレノの左ジャブがヒット。組んで右ヒジのフィゲイレード。モレノのハイキックをスウェイでかわし、自分のハイを放つフィゲイレード。強烈な蹴りにモレノの体が流れる。

 2R、フィゲイレードのバックスピンキック、モレノが後に飛ぶ。フィゲイレードがパンチのコンビネーション。モレノはボディロックからテイクダウン。額に手をやりヒジを打つフィゲイレードの右手がモレノの目に入り、一時中断。
 下からの縦ヒジをヒットさせるフィゲイレード。スクランブルからスタンドですぐに打ち合う両者。フィゲイレードの左のロングフック。モレノの右ストレートがヒット。ボディロックから小外掛でテイクダウンのモレノ。しかし、フィゲイレードがすぐに立つ。両者のパンチが交差し、ブザー。

ノーガードで圧力をかけるフィゲイレードに、モレノの正確なパンチがヒットする(getty/Zuffa LLC/UFC)

 3R、フィゲイレードの右のオーバーハンド。さらにフィゲイレードの左ボディショット。フィゲイレードの前蹴りがモレノの金的を強打し、一時中断。フィゲイレードがここで減点を取られる。

 4R、単発の左ジャブがヒットするフィゲイレード。モレノは連打で応戦。フィゲイレードが組みつき首を取りに行ったところを、モレノがそのままテイクダウン。疲れが顕著に見えるフィゲイレードだが、体勢を崩しながらのアッパーがヒット。しかし、モレノも連打で返していく。モレノの連打をディフェンスしないフィゲイレードが、効いたのか、足元がぐらつく。あわやKOかの状態。
 倒れるのを嫌うフィゲイレードが左右を当てながら前に出るが、モレノがボディロックでテイクダウンに成功。下からヒジを入れるフィゲイレード。モレノが飛び込みパウンド。このラウンドはモレノが2回もテイクダウンに成功した。

 5R、激闘で両者ダメージと疲労困憊した様子が見られる。左右のフック連打のフィゲイレード。一発にかけるフィゲイレードに、返しで連打のモレノ。お見合いが続く。終盤、モレノが組みにいく、フィゲイレードをケージに押し込む。
 しかし、払腰で投げたのはフィゲイレード。最後は連続で鉄槌を落とし、試合終了。

 一進一退の攻防は一人のジャッジが47-46とフィゲイレードにつけたが、残りは47-47のドロー。ドロー判定により、フィゲイレードが2度目の防衛に成功。UFCのダナ・ホワイト社長はこの試合を「フライ級史上最高の試合」と絶賛した。

▶︎次ページは、タイトル防衛に歓喜で涙する王者フィゲイレード

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【UFC】“闘神”フィゲイレード、“衝撃のギロチンチョーク”勝利で王座初防衛

・【UFC】ギャビ・ガルシアを破った“美しき柔術世界王者”ダーンが3連勝、顔面流血もジャンジロバとの打撃戦を制す

・【UFC】“斬首王者”フィゲイレード、確執ある挑戦者モレノに「何度も嫌なことを言ったヤツを破壊する」

・【ベラトール】朝倉未来と同じフェザー級に“超新星”誕生!“首狩りポーズ”ウィルソンが怒涛KOで7戦全勝

・【UFC】衝撃KO劇、歴史に残るスゴ技が飛び出す=UFC2戦目バックリー(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧