TOP > ニュース 一覧

【UFC】ヌルマゴメドフ復帰か、24日に「劇的な内容ならば僕は戦う」マクレガーとの再戦にも期待

2021/01/17(日)UP

マクレガー (左)とヌルマゴメドフ(右)の再戦はあるのか

 昨年10月にジャスティン・ゲイジー(米国)との防衛戦に勝利し、試合後に現役引退を宣言したUFC世界ライト級王者のハビブ・ヌルマゴメドフ(32=ロシア)だが、今月15日(金)にアブダビにて行われた『UAE Warriors-15』にて、UFCダナ・ホワイト会長とヌルマゴメドフが顔を合わせ非公開のミーティングを行った。

 その内容について17日早朝(日本時間)UFCファイトナイト・ファイトアイランド7終了後に会見を開き「今の彼は基本、全てやりきったと感じている」としながらも、日本時間1月24日(日)に開催するUFC 257に予定されるコナー・マクレガーvsダスティン・ポイエーのメインイベント、マイケル・チャンドラーvsダン ・フッカーのセミメインイベント、このライト級の2戦を観戦するつもりだという。
「(UFC)257で行われる2つのライト級の試合を見るつもりだ。もし彼らが何か劇的な試合をして、僕が戻ってきて戦いたいと思わせてくれたら、僕は戦う」とヌルマゴメドフが言ったとホワイトは語った。

マクレガーの顔面にパンチを叩き込むヌルマゴメドフ(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC)

 ヌルマゴメドフは総合格闘技史上最長である29戦29勝の無敗記録を持つ。目標として掲げていた”30戦無敗”まで後1試合を残している為、引退を撤回し現役を続けるのではとの周囲の期待が寄せられている。

 ヌルマゴメドフはチャンドラーとフッカーとは対戦がないが、マクレガーには2018年10月に4Rのサブミッション(ネッククランク)で破り、今回マクレガーと戦うポイエーにも19年9月に3Rに三角絞めで破っている。

 多くのファンはマクレガーとの再戦に注目する声が多いが、果たしてヌルマゴメドフの心を動かす試合となるのか。そうなればヌルマゴメドフのベルトをかけたタイトルマッチとなるだろう。それも次の試合次第、さらに世界が注目する一戦となる。

●編集部オススメ

・マクレガーがヌルマゴメドフに一本負け、試合後は前代未聞の大乱闘に

・新春復帰のマクレガーが「神試合にする」と必勝宣言、vsポイエー戦の最新PVが公開

・【UFC】美女柔術王者が、ダンス&寝技映像でファン歓喜の84万再生

・240kg巨漢をKOしベラトール入りのロシア美女は極真空手出身だった、憧れは“アンディ・フグ”

・全米人気の素手ボクシング大会で、わずか3秒の瞬殺KO劇!(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧