TOP > ニュース 一覧

【RISE】優勝果たした17歳・宮﨑小雪、そして姉・若菜は圧巻KO勝利で「宮﨑姉妹の日」=試合後インタビュー

2021/01/18(月)UP

トーナメントを制覇した宮﨑小雪

 1月17日(日)東京・新宿FACEで開催の『RISE GIRLS POWER.4』にて行われた「アトム級(-46kg)NEXT QUEEN トーナメント 2021」で優勝した、宮﨑小雪(17=TRY HARD GYM/2019年KAMINARIMON全日本女子-47kg級優勝)が試合後インタビューに応じた。

「自分のやってきたことを出せたのでよかった。今までは避けて打つ感じだったけど、自分から攻撃するという点を磨いてきました」と2試合で勝利したことにより、今後に向けて確かな手応えを掴んだ。打ち合ってしまったことが反省点だというが、十分に力量を示した形となった。

 宮﨑は1回戦では佐藤レイナ(team AKATSUKI)、決勝戦では小林愛理奈(FASCINATE FIGHT TEAM)をどちらも判定3-0で破り、1日2試合を制してトーナメント優勝を成し遂げた。

 ワンデートーナメントは過酷とも言われるが、辛かった局面について聞かれると「小林選手の3R目でしたね。パンチ連打をもらってやばいと思いました。あれは、えぐかったです。(今後は)もらわないようにしないとな」と小林が果敢にパンチを振るってくる際に、若干の焦りはあったようだ。

優勝に感涙する宮﨑

 試合後には、現RISE QUEENアトム級王者の紅絹がリングに上がり「タイトルマッチでいいんじゃないですか」とのコメントもあった。これで、王座戦が現実味を帯びた形となったが「(この試合を終えて)1試合挟んで(戦うのかな)と思っていたので、すごく嬉しいですし、近道をした気持ちです。でも、紅絹選手はうまいし強いので、今までやってきた選手とレベルが違うので、対策してやっていかないといけない。対策を何もしてないので、(今は)自信があるわけではないが、自信をつけていきたい」と気を引き締めた。

宮﨑姉妹の姉・若菜(左)は相手を2度ダウンさせ初回TKO勝利した

 姉の宮﨑若菜(20=TRY HARD GYM)も同大会に出場し、圧巻のKO勝利を見せた。自身の試合の直前であったため、姉の試合内容は見ていないというが「KOって誰でもできることじゃないのでやってくれたなと。負けないように頑張らないといけないですね。今日は宮﨑姉妹の日になったので、すごく嬉しい」と嬉しそうにコメントした。

●編集部オススメ

・【RISE】宮﨑小雪が有言実行の優勝、女王・紅絹との決戦へ

・【RISE】優勝候補筆頭の宮﨑小雪が計量パス、初戦の佐藤に「私の方が華がある」と挑発=前日計量

・原口健飛、GLORY世界王者・ペットパノムルンと対戦決定「一瞬の隙を狙って倒す」=2.28

・【RISE】寺山日葵、初の国際戦で”ロッタンの恋人”アイーダと激突「本場の蹴りに負けない、蹴りで圧倒する」

・【年間最短KO】RISEは志朗の衝撃26秒殺、那須川天心は90秒KOをマーク=2020

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧