TOP > ニュース 一覧

【UFC】マクレガー、復帰匂わすヌルマゴメドフを挑発「彼は私を怖がっている」

2021/01/19(火)UP

マクレガー(左)がヌルマゴメドフ(右)に挑発発言、二人の再戦はあるか?

 1月23日(土・現地時間)に開催される『UFC 257』で元UFC世界ライト級暫定王者ダスティン・ポイエー(米国)とライト級ワンマッチで対戦する元UFC二階級同時王者コナー・マクレガー(32=アイルランド)が、現役引退を表明しているハビブ・ヌルマゴメドフ(32=ロシア)について語った。

 ヌルマゴメドフはマクレガーと2018年10月に対戦し4Rに一本勝ちを収め、昨年10月にジャスティン・ゲイジー(米国)との防衛戦に勝利した後に現役引退を宣言した。

マクレガーの顔面にパンチを叩き込むヌルマゴメドフ(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC)

 マクレガーは17日に配信された米メディア『ESPN』の取材で「確実に彼は私と戦うことを恐れている。しかし、それを非難するつもりはない。(前回の対戦では)私はベストの状態の彼と戦い、彼は最低の状態の私と戦ったんだ。それは彼もわかっているはずさ。私はわかっている。彼のチームも分かっているはずだ」と、二人の“決着”はついていないことを主張。

 続けて「私はあの男を倒す答えを持っている。彼は長く人々の目を誤魔化すのに成功している。それが現実だ。(引退の理由が)家族と関係しているのは知っている。もし彼が本当に引退したのなら、彼の幸せを願うさ。しかし、私は私だ。頂点に立っているのは私で、時間がそれを証明してくれる」と、“最強無敗のまま引退”とする姿勢のヌルマゴメドフを挑発した。

セローニにわずか40秒でTKO勝利するマクレガー=20年1月

 マクレガーは、ネイト・ディアス、トニー・ファーガソン、チャールズ・オリベイラらUFCライト級トップ選手の名前を挙げ、“真のファイターならこの強豪たちとも対戦すべきだ”と主張し、「立ち去る(引退する)のは本当に馬鹿げている。再戦を望んでいる」と、改めて再戦を要求した。

 ヌルマゴメドフが「UFC257」メインのマクレガー戦とセミメインに組まれているライト級ワンマッチ「マイケル・チャンドラーvsダン ・フッカー」を観戦するために来場し「もし彼らが何か劇的な試合をして、僕が戻ってきて戦いたいと思わせてくれたら、僕は戦う」と言ったと、ダナ・ホワイト社長が明らかにしており、約1年ぶりのオクタゴンに復帰するマクレガーの戦いぶりに注目が集まる。

【UFC257「ダスティン・ポイエーvs コナー・マクレガー」放送情報】

タイトル:生中継!UFC-究極格闘技- UFC257 in アブダビ コナー・マクレガー、再降臨
生中継:WOWOWプライム 2021年1月24日(日)12時~16時30分
(WOWOWメンバーズオンデマンドにて同時配信)
※終了時間変更の場合あり
リピート:WOWOWライブ 2021年1月27日(水)5時50分~7時50分
(WOWOWメンバーズオンデマンドにて同時配信)

▼WOWOWオンデマンド(スマホ、PC)でも視聴できます。

●編集部オススメ

・【UFC】ヌルマゴメドフ復帰か、24日に「劇的な内容ならば僕は戦う」マクレガーとの再戦にも期待

・【UFC】マクレガーが”60秒以内”と秒殺KO宣言、1.23再戦のポイエーに「偉大さは私より下」

・【UFC】マクレガーに雪辱戦のポイエー、勝利の鍵は“カーフキック”にあり=1.23

・【UFC】美女柔術王者が、ダンス&寝技映像でファン歓喜の84万再生

・240kg巨漢をKOしベラトール入りのロシア美女は極真空手出身だった、憧れは“アンディ・フグ”

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧