TOP > ニュース 一覧

【UFC】マクレガーが”60秒以内”と秒殺KO宣言、1.23再戦のポイエーに「偉大さは私より下」

2021/01/11(月)UP

元UFC二階級同時王者コナー・マクレガー

 2021年1月23日(土・現地時間)に開催される『UFC 257』にて行われるライト級ワンマッチ「元UFC二階級同時王者コナー・マクレガー(32=アイルランド)vs元UFC世界ライト級暫定王者ダスティン・ポイエー(31=米国)」のカウントダウンPVが11日、UFC Europeの公式SNSで公開された。

 前戦で両者は2014年9月の『UFC178』のフェザー級ワンマッチで対戦。戦前の激しいトラッシュトークが話題となり注目を集めたが、マクレガーが1R1分14秒のTKO勝利を収めた。今回はライト級に階級を上げての再戦となる。

セローニにわずか40秒でTKO勝利するマクレガー=20年1月

 映像では、両者のこれまでのKOシーンに併せ、試合に向けての意気込みが収録。マクレガーは「ダスティン(ポイエー)のことは好きさ。彼は良いファイターだ。しかし、“偉大さ”のレベルでは私より下。ダスティンを60秒以内でKOで仕留める」と、秒殺KOを予告した。

 前回の対戦より速い時間でのフィニッシュ予告だが、マクレガーが前戦となる昨年1月のUFC246』で“激闘王”のドナルド・セローニを僅か1R40秒でTKO勝利していることを考えると、あながちビッグマウス発言とは言い難い。

ホロウェイの側頭部に強烈フックをぶち込むポイエー=19年4月

 マクレガーとの敗戦から数々の強豪を破り、ライト級暫定王者のベルトを巻くまでに登ってきたポイエーは「これまでの道程は最高だ。自分の望み通りにやってきた。1月23日、何があっても、勝利するのは私だ」と、約6年4ヶ月ぶりの雪辱のチャンスに闘志を燃やす。

 “機が熟す”とはまさにこのこと。2021年のUFC最初のナンバーイベント、心身共に最高の状態で迎えるマクレガーとポイエーの再戦に注目が集まる。

▶︎次ページ(動画あり)は、マクレガーが秒殺宣言、『UFC257』マクレガーvsポイエーのカウントダウン映像

●編集部オススメ

・【UFC】新春復帰のマクレガーが「神試合にする」と必勝宣言、vsポイエー戦の最新PVが公開

・朝倉海が挑発するシバターを23秒で絞め落とす「俺の本気はRIZIN、会場に観に来て」(動画あり)

・全米人気の素手ボクシング大会で、わずか3秒の瞬殺KO劇!(動画あり)

・240kg巨漢をKOしベラトール 入りのロシア美女は極真空手出身だった、憧れは“アンディ・フグ”

・【ボクシング】驚愕の64歳!5階級王者シュガー・レイ・レナードが72発の高速連打、まさかの復帰か、ハーンズも打診(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧