TOP > ニュース 一覧

【UFC】復帰直前のマクレガーが人身傷害の疑いで告訴される、訴訟額は数億円規模に

2021/01/20(水)UP

UFC初の二階級同時制覇を成し遂げたコナー・マクレガー(By courtesy of Zuffa LLC / Getty Images)

 1月23日(土・現地時間)に開催される『UFC 257』で元UFC世界ライト級暫定王者ダスティン・ポイエー(米国)とライト級ワンマッチで対戦する元UFC二階級同時王者コナー・マクレガー(32=アイルランド)が、人身傷害で数百万ユーロ(約数億円)の訴訟を起こされていることが分かった。
 19日にアイリッシュ・インディペンデント紙を含む複数の海外メディアが報じた。

 各報道によれば、マクレガーの知人女性とその母親が18日にアイルランドの首都ダブリンの高等裁判所で提訴。

1週間前、パンプアップした仕上がった身体を披露するマクレガー(自身の公式サイトより)

 マクレガーが2018年に起こしたとされる事件について、マクレガーと事件に関わったとマクレガーのもう一人の仲間を訴えている。訴訟の内容については法的な理由から明らかにされていない。

 報道受け、マクレガーのスポークスマンのカレン・ケスラー氏は声明で「原告及び多数の情報源への取り調べ、目撃者の証言、監視カメラ映像の調査、コナー・マクレガーの協力などを含むアイルランド警察当局の徹底捜査の結果を鑑み、今回の訴訟は全面的に却下されるものと考えます。原告は、本訴訟の主張と事実が矛盾することを知っています。マクレガーはいかなる主張にも異議を唱え、正義が勝つことを確信しています」と、今回の訴えを完全否定した。

 過去数年間に渡り様々な事件や疑惑が報じられてきたマクレガーは現在、23日の試合に向けてアラブ首長国連邦・アブダビの大会開催地入りしており、世界中が注目する1年ぶりの復帰戦への準備を進めている。

●編集部オススメ

・【UFC】マクレガーが”60秒以内”と秒殺KO宣言、1.23再戦のポイエーに「偉大さは私より下」

・マクレガーがバスを襲撃し負傷選手も、警察に出頭

・”お騒がせ”マクレガーが警察に身柄拘束、容疑は完全否定

・メイウェザーとマクレガーが会見で乱闘寸前「今ここでやってやる!」

・マクレガーがマフィアに命を狙われる、海外複数メディアが報じる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧