TOP > ニュース 一覧

ユーチューバーのジェイク・ポール、対戦相手はマクレガーではなく、青木真也に勝利の元MMA世界王者に決定 “秒殺”宣言も

2021/01/27(水)UP

ボクシングの強さを見せつけるジェイクポール(写真は20年1月にKO勝ちした時のもの=getty/eFight)

 コナー・マクレガーにボクシングマッチの対戦要求をしていた世界的YouTuberのジェイク・ポール(24=米国/以下、ジェイク)が、元UFCファイターで、ベラトールやONEチャンピオンシップで世界王者に輝いた総合格闘技(MMA)選手のベン・アスクレン(36=米国)と2021年4月17日(現地時間)にボクシングマッチを行うことが決定した。試合の模様はPPV放送となるが、開催地などの詳細は決まっていない。

 26日に自身のSNSで「UFC代表となるベン・アスクレンが最終的に試合を受けた。ヤツはアマレスの全米大学選手権で2度優勝し、2つの世界的なMMA団体でベルトを巻いた男。前回の試合でNBAスター選手をKOしたが、彼がリアルファイターじゃないと文句を言ってくるヤツらがいる。だから、今回は本物のファイターを準備した」とコメント。

寝技に持ち込もうとした青木に上からパウンドを見舞うアスクレン=17年11月

 さらに、アスクレンが19年7月にUFCでホルヘ・マスヴィダル戦で試合開始直後に右の飛ヒザ蹴りを貰い、試合時間わずか5秒で負けたことを引き合いに出し「マスヴィダルよりもっと早い時間でKOしてやる」と挑発した。

 2000万人以上の登録者を誇る人気ユーチューバーのジェイクは昨年11月、“世紀のエキシビションマッチ”タイソンvsジョーンズ戦のセミファイナルで、元NBAスター選手ネイト・ロビンソン(36=米国)と対戦し、2R1分35秒のKO勝利。

 その後、元UFC同時2階級制覇王者のマクレガーに対し、5000万ドル(約52億円)のファイトマネーのオファーを出すなどの挑発的な対戦要求を繰り返していたが、24日の『UFC257』のメインイベントで、マクレガーがダスティン・ポイエーに2R TKO負けしたことを受けて「オマエなんて1万ドル(約100万円)レベルだ」と、切り捨てるような発言をしていた。ボクシングのプロ戦績は2勝0敗。

vs.ベン・アスクレン戦の正式決定を報告するジェイ・ポール(自身の公式SNSより)

 アスクレンはレスリングベースのMMA選手。大学レスリングで2度の王者に輝き、2008年の北京五輪の出場経験がある。08年にMMAデビューし、ベラトールやONEチャンピオンシップで世界王者のベルトを巻いた後、UFCで戦った。ONEでは17年11月に青木真也とウェルター級タイトルマッチを行い、パウンドによる1R57秒のTKO勝利を飾った。MMA戦績は19勝2敗。勝利試合の中のKO/TKOは6試合。

 衝撃的なKO負けで“株急降下”中のマクレガーから素早く話題を変えるジェイクだが、ルールは違えどアスクレンもMMAの実力者。どの様な戦いになるのか、注目が集まる。

●編集部オススメ

・敗戦マクレガーが“四面楚歌” 状態、ヌルマゴメドフやメイウェザー、更には対戦要求のユーチューバーまでが酷評

・なんと52億円の破格オファー!?YouTuberジェイク・ポールが元UFC王者マクレガーにボクシングマッチ要求「怖いのか、サインしろ」

・YouTuberポールが衝撃KO勝ち、元NBAロビンソンが前のめりに崩れる

・青木真也がアスクレンに57秒でTKO負け

・那須川天心がカーフで負けたマクレガーの欠点を指摘

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧