TOP > ニュース 一覧

【修斗】初防衛果たしたSASUKE、斎藤裕が待つRIZINへ「このベルトと一緒に乗り込んでいく」

2021/02/01(月)UP

圧巻の初防衛を果たしたSASUKE、改めて斎藤裕への挑戦を熱望した

 1月31日(日)東京・ニューピアホールにて開催された『プロフェッショナル修斗公式戦 PROFESSIONAL SHOOTO 2021開幕戦 』で環太平洋フェザー級チャンピオンシップで一本勝ちを収めた王者・SASUKE(マスタージャパン)が試合後にインタビューに応じた。

 SASUKEは極真北米王者の打撃を持つストライカーの内藤太尊(roots)を相手に、序盤から積極的にタックルを仕掛けグラウンドの展開へ。スタンドでも左フックで大きくぐらつかせるなどペースを握り、2Rで圧倒的な勝利を収めた。

 試合を振り返ると「100%ではないけど作戦通り。内藤選手は気持ちが強くて粘り強い選手なので、パウンドなら息が切れない。左の蹴りを蹴ってくるのはわかってたので、蹴り終わった不安定なところにパンチを合わせるのを意識し、効いたと思ったらサブミッションで行こうと思ってた」と想定通りに試合を運べたと明かした。

狙い通りという左フックを合わせるSASUKE

 試合後のマイクでは、昨年11月にRIZINフェザー級王者に輝いた修斗世界フェザー級王者・斎藤裕へ対戦要求を行った。SASUKEは「斎藤選手がRIZINのチャンピオンになって、日本のフェザー級は斎藤裕だとファンもテレビを見ている人も、なんなら斎藤裕を知らなかったフェザー級の選手も言っている」と、現在の”斎藤フィーバー”に不満な様子だ。内心「何を言っているんだよ、最初から狙っていたのは俺だよ」と斎藤への挑戦権を持つのは自分という自負があった。
 そのためにも「格の違いを証明するために圧倒的に勝つのがテーマだった」と、この一戦へ取り組んだ姿勢を語った。

試合後のリング上で世界王者・斎藤裕への挑戦をぶちあげたSASUKE

 一方で狙い続けた斎藤がRIZIN王者となった点には「美味しいですよね」と笑顔を見せたSASUKE。「斎藤選手がRIZINチャンピオンになってくれて、修斗の株を上げてくれた。斎藤選手を近くで狙う者として、バリューが上がるのは美味しい」と、現在の斎藤の立ち位置が自身にとっても美味しいと語る。

 SASUKEは斎藤との決着を「四角いリングで」と、ケージではないRIZINでの一戦と見据える。王者となった斎藤への即挑戦は難しいと認識するSASUKEは「国内のフェザー級の強いヤツを倒さないといけない。それが集まるのがあの四角いリング」と、強敵相手のRIZINデビューは歓迎の様子。高みに登った目標との対戦に向け「このベルトと一緒に乗り込んでいきたい」と、修斗王者として堂々参戦する意気込みを見せた。

●編集部オススメ

・SASUKEが内藤太尊に一本勝ちで初防衛、斎藤裕に宣戦布告「路上の伝説もK-1の申し子も眼中にない」

・朝倉未来が遂に敗れる! 斎藤裕が初代フェザー級王者に

・朝倉未来と斎藤裕が一夜明けて語った勝因と敗因、怪我の具合

・朝倉未来vs斎藤裕、紙一重の判定ポイントを分析する

・石原夜叉坊が2年ぶりの復帰戦で悔しい判定負け、祖根の右フックに腰が落ちる場面も

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧