TOP > ニュース 一覧

UFCデビュー戦に挑むマネル・ケイプが“無慈悲”なKO宣言「1Rは鼻骨と肋骨を折り、2R目で倒す」=2.7米国

2021/02/05(金)UP

遂にUFCデビュー戦を迎える元RIZINバンタム級王者マネル・ケイプ

 2021年2月7日(日・日本時間)に開催のUFCファイトナイト・ラスベガス18』でアレッシャンドリ・パントージャ(30=ブラジル)と対戦する元RIZINバンタム級王者マネル・ケイプ(27=アンゴラ)が4日、大会前のオンライン囲み取材に出席し、現在の心境を語った。

 ケイプは2019年の大晦日で朝倉海にTKO勝利し、RIZINバンタム級の王者となったが、20年3月31日にUFCへの移籍を発表。年内のデビュー戦が期待されたが、負傷や対戦相手のコロナ感染などの理由で実現せず。RIZIN離脱から約1年間ようやくオクタゴンへ初めて足を踏み入れる。

朝倉海にパウンド連打でTKO勝利するケイプ

 UFCデビューが年を跨いでようやくたどり着いたことについて、ケイプは「フラストレーションはない。長い時間がかかったけど、その間、練習を重ね続けてきた。米国でも練習環境を作れたし、進化したと言ってもいい。今、自分はコンプリートなファイターに仕上がった」と、むしろ良かったことと語る。

 対戦相手に対しては、「パントージャはタフな相手だ。しかし、自分は彼よりコンプリートでスマートだ。自分がこれまで戦ってきた相手よりスピードは無いし、自分が経験したことない様な動きを持っている選手でもない。100%自分の方が強い。1R目で相手の鼻骨と肋骨を折ってやり、2R目でKOする」と、完膚なきまでのKO宣言を出した。

ケイプがパントージャと激突(UFC公式サイトより)

 また、21年の目標について尋ねられると「自分がここ(UFC)にきたのは、団体の選手の一人になるためではない。チャンピオンになるためだ。年内、UFCのチャンピオンになる」と、大きな野心を見せた。

対するパントージャは現在バンタム級ランキング5位のトップランカー。イケイケの打撃を得意とするが、フィニッシュはチョークによる一本も多いオールラウンダーで、殴り合いもサブミッションの取り合いも共にアグレッシブに行くタイプだ。
 
 堀口恭司や朝倉海らと拳を交え、RIZINのベルトを巻いた男のUFCデビュー戦は、果たしてどの様な結果になるのか。

▶︎次ページは、本日にケイプが自身のSNSに投稿した「仕上がった“戦闘態勢”のキレキレボディー写真」

●編集部オススメ

・【UFC】40歳アリスター・オーフレイムが元ベラトール王者とKO必至の激突へ、元RIZIN王者ケイプのデビュー戦も=2.7

・マネル・ケイプと朝倉海が乱闘寸前の挑発合戦

・朝倉海が海外修行へ興味”近いうちに”「ケイプとも練習したい」

・【RIZIN】3.14東京ドーム大会がコロナ禍で延期へ、今年第一弾は3.21名古屋に決定

・素手ボクシング参戦のUFC美女戦士が“喉元つかむ”乱闘騒ぎ「ここはMMAじゃない」と対戦相手が激怒=前日計量

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧