TOP > ニュース 一覧

【RISE】KO量産空手女子・田渕と対戦する女王・寺山日葵がインファイト“上等”宣言「懐に入れさせても、対処する」

2021/02/18(木)UP

華麗なフォームのシャドーを披露する寺山

 2月28日(日)神奈川・横浜アリーナで『RISE ELDORADO 2021』が開催される。

 今大会の[SuperFight! ミニフライ級(-49kg) 3分3R延長1R]で田渕涼香(20=拳聖塾)と対戦する寺山日葵(20=TEAM TEPPEN)が、17日に所属ジムにて公開練習を行った。

 寺山は当初、ロッタン・ジットムアンノンの推薦選手であり、恋人でもあるアイーダ・ルークサイコンディン(タイ)と対戦予定だったが、新型コロナウイルスの影響で海外選手の入国が困難となり、急遽、昨年12月に小林愛三に勝利した田渕と対戦が決まった。

打点の高いハイキックを披露する寺山

 公開練習では、寺山はシャドーとミット打ちを披露。長身を活かしたしなやかでバランスの良い華麗なフォームでシャドーをすると、ミット打ちでは強打のインパクトを意識したパンチや蹴りを見せた。

 寺山は大会から10日前の現在のコンディションについて「追い込み期間で追い込まれている状態ですが、(コンディションは)良いですね」と、リラックスムードの中で調子の良さをアピール。

寺山の武器の一つは顔面前蹴り

 14日に配信された対戦相手の田渕の公開練習の映像を確認したといい「道着カッコ良かったですね」と笑みを漏らしながらも「すごいキレもあるし、速いし、パワーもあるし、凄かったです」とし、警戒している点は「スピードの速さ、出入りの早さですかね。空手の無差別級でもやっていると聞いたので、自分より身長のある相手やリーチのある相手に慣れている」と、今回の相手がかなりの強敵であることを認めた。

sasori (右)とのインファイトに苦戦した寺山(左)。この経験を糧に成長した姿を見せるか。

 柔和な表情で語る寺山だったが、その公開取材の中で田渕が寺山が得意とする顔面前蹴りを空手では良くある技とし対策は立てていると発言したことについて質問が及ぶと「まぁ、特に(気にしない)。それでも当たるものは当たると思うので、自分の武器なので、当てていきたいと思う」と語気を強める。
 さらに、田渕が多用するフルコン空手特有の左右ステップの回り込みについては「(所属する)TEPPENには空手出身の選手も多いので(慣れているので)特に気にせず、そこでできることはあると思うので、しっかり色々と攻撃を当てていきたいなと思う」と、一歩もひかない構えを見せた。

寺山(左)と田渕(右)が激突

 長いリーチを活かし的確な打撃と多彩なコンビネーションで昨年のRISE GIRLS POWER QUEEN of QUEENS 2020のトーナメントを制した寺山だが、田渕は素早い出入りに加え寺山が不得意とするインファイトを仕掛けるタイプ。公開練習での取材でも「飛び込んで戦う」と話している。

 そのことについて尋ねると「今まで(インファイト)はあまり得意としていなかったが、動きに取り入れるようになった。そこもしっかりとやりたい」「懐に入れさせても、対処できるようにしているし、入れさせないようにする」と、田渕対策が既にできていることを口にした。

 今年の目標を“全勝”と掲げている寺山は「強敵ではあると思いますが、ここでしっかりと取って、良いスタートを切りたい。21年の幸先良いスタートを切れるようにしたいなと思う」と、必勝宣言をした。

☆この大会の対戦カード、チケット、スケジュールなど詳細はこちら

●編集部オススメ

・【RISE】女王・寺山日葵、全試合KOかダウン奪取の空手家・田渕涼香を逆指名「ヤバい選手が出てきた」=2.28横浜アリーナ

・【RISE】女王・寺山と対戦する驚異の空手女子・田渕涼香、一撃の突き炸裂か「空手で戦う」

・【RISE】寺山日葵が紅絹との3度目の対決に完勝、女子トーナメント優勝を果たす

・【RISE】20歳の女子空手家・田渕涼香が大金星、小林愛三からダウン奪い勝利

・【ONE】巨漢シュレックが前のめりで轟沈!”6秒KO勝利男”も登場、驚愕の秒殺KO映像集を公開

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧