TOP > ニュース 一覧

朝倉未来「喧嘩は1分が最強!」1分間のみのケージMMA大会を発表

2021/02/25(木)UP

朝倉未来(左)と海(右)がアドバイザーとなった”1分1R”大会

 朝倉未来がスペシャルアドバイザーを務める、アマチュア格闘技大会『BreakingDown』の発表イベントが、2月25日(木)朝倉が所属する格闘技ジム 東京・赤坂トライフォースで行われた。大会会場も同会場で行われる予定だ。

 会見には、朝倉未来、海兄弟の他、トライフォース赤坂・オーナーの堀鉄平氏が出席。

『BreakingDown』は、レディオブック株式会社が主催する、”世界最短”『1分間最強の男を決める』をコンセプトとしたアマチュア総合格闘技の大会だ。

ジムの広々としたケージ。写真は朝倉海と昇侍のスパーリング(2.10 KAIChannelより

 メインスポンサーのレディオブックのCEOのYUGO(板垣雄吾)氏はかつてDEEPでも格闘家として活躍していたファイターでもあった。
 堀氏は「スポンサーでは無く一緒にやってみようとなった。日本の格闘技の敷居を下げて、色んな人がやれるようにしたい」と格闘技の敷居を下げたいと語る。

 ジムに設置された金網オクタゴンのケージリングでは今回の大会のコンセプトである1分1Rのみの模擬試合3試合が披露された。

 1分1R制と言う”超短期決戦”の総合格闘技ルール。ラウンド数は朝倉未来によると「YouTubeに公開して、コメントを見て2R制か3R制か変えていくかもしれない」とまだ正式決定はしていない。なお、今回の試合は後日YouTubeで公開される。

■朝倉未来「喧嘩は1分間以上出来ない」

元々は堀氏(中央)と朝倉兄弟で開催しようとしていた

 未来は「僕が元々思い描いていたのが、喧嘩は1分間以上出来ないというのがある。1分最強というのにロマンが詰まっているので、1分1Rでいいかなと思います。ただ今日の試合の中では延長があっても良かったというものもあったので、今後(YouTubeの)コメントなどで変わっていくかも」と独自の喧嘩1分最強説からはじまった案だと語る。

 また「自分のYouTubeのメンバーでガチ対決をしたが、1分ルールだと、下手な選手より面白いなと。体力の計算がないので、全力のぶつかり合いだな」と語る。

「”1分最強”にロマンがある」と語る未来

 一方、海は「1Rだと、判定しづらい。ジャッジ泣かせかな。僕的にはもう少し見たいかな。2R目もありなのかな」と2R制以上を望む。

 判定基準は堀氏によると「日が浅くて、そこまで話し合っていません。今回の模擬試合は、ダメージ、アグレッシブさ、コントロールのジャッジ判断に任せた」とする。階級は現在はキャッチウエイトを考えているが、参加人数が増えてきたら階級を作り、ゆくゆくは王者を決めてゆく。

 参加可能な出場選手はプロ戦3試合以下、そしてアマチュア選手のみ。また35歳以上が出場できる通称「おやじ大会」も同時開催される。

 第一回大会は5月9日を予定しており、出場受付は、3月17日が締め切りとなる。BreakingDown公式サイトにて応募される。

■BreakingDown公式サイト

●編集部オススメ

・【RIZIN】斎藤裕と朝倉未来は4月参戦の方向、再戦あるか、秋のフェザー級GP向け=榊原代表

・朝倉未来、平本蓮を評価「凄いポテンシャル、いつでもやっていい」=平本陣営・長谷川賢と対談

・【RIZIN】朝倉未来が復活KO勝利、弥益を左ハイキックで斬って落とす(動画あり)

・堀口のカーフにピンチ、朝倉未来が海に指示していたこと

・朝倉未来の極真空手時代の先生が語る”スーパー小学生”ぶり

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連記事

」、「」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧