TOP > ニュース 一覧

【Krush】王者・新美貴士が”無敗”斗麗からダウン奪い初V!晃貴が再起戦でKO勝利

2021/02/27(土)UP

新美(左)が強烈な拳を斗麗にヒットさせる瞬間。初防衛に成功した

Krush実行委員会
『Krush.122』
2021年2月27日(土)東京・後楽園ホール

▼メインイベント(第8試合)Krushフェザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
〇新美貴士(名古屋JKファクトリー/王者) 
判定2-0 ※30-28、29-28、28-28 
●斗麗(WIZARDキックボクシングジム/挑戦者)
※新美が初防衛に成功

 新美はサウスポーから繰り出される強烈な左のパンチを武器としているファイターで、K-1レジェンドの佐藤嘉洋が所属していたジムでトレーニングに励んでいる。
 11月のKrush後楽園大会で行われた第5代Krushフェザー級王座決定トーナメントの準決勝・決勝戦の2試合を勝ち抜き優勝してタイトルを獲得した。
 前回のトーナメントでは、常に前進して圧力をかける新スタイルを見せているだけに、今回の初防衛戦でも期待がかかる。

 対する斗麗はオランダの名門Mike’s Gymで練習を積み、16歳にして18年12月のKrush後楽園大会でプロデビュー。そこから6戦6勝(3KO)無敗の新鋭だ。
 3月には英雄伝説王者・伊澤波人に、今月19日にはRKAフェザー級王者・稲津航大に、いずれもKO勝利して勢いに乗っている。

 両者は、昨年8月のK-1大阪大会で対戦しており、この時は新美が判定負け。リベンジと王座防衛を目指す新美に、初戴冠を目指す無敗の斗麗が挑む。

 1R、両者ともサウスポー。新美が前進して左ローを蹴る。斗麗はサウスポーに構えて距離を取る。斗麗が鋭い左ミドル、左のカーフキックをヒット。下がらない新美はワンツーで前に出る。左右のミドルを放ち、カウンターの左アッパーを狙う斗麗。

 2R、斗麗が左ミドル、左のカーフを多用。下がらない新美は前進して左ロー、左右のフックで攻める。斗麗のパンチが随所でヒットするが、お構いなしの新美。斗麗に左のカーフキックを蹴られたら、新美は左ローを蹴り返す。

 3R、斗麗が左の前蹴りで突き放すと、新美が前に出て左ローを強打。じりじり詰める斗麗飛びがヒザを繰り出すと、そこに新美が左ストレートをタイミング良くヒット。斗麗が倒れると、レフェリーがダウンを宣告した。後がない斗麗が左ストレート、左ヒザで攻めると、新美も左フックで応えて、終了のゴングが鳴った。

 判定は1者がドローとしたが、他の2者が新美を支持。新美が初防衛&リベンジを達成した。

 新美は、マイクを持つと、会場に訪れたファンに感謝を述べ「2年前の2月にお爺ちゃんが亡くなったので、今日の勝利はお爺ちゃんに捧げたいと思います。これからもっともっと強くなって、K-1のチャンピオンにも僕はなるのでよろしくお願いします」と語った。
 その言葉通り、試合後の囲み取材では「やっているからには一番上のK-1チャンピオンになりたいです」と力強く意気込んだ。

●編集部オススメ

・【Krush】初防衛に挑む新美vs無敗の斗麗ほか、女子含む全員が計量パス

・【Krush】K-1甲子園覇者・野田蒼が、元王者・晃貴に「今の自分なら1R1分ぐらいで倒せる」

・【Krush】ラウンドガールも経験した森川侑凜が計量パスで、JKファイターに「絶対勝つ」=2.27後楽園

・【Krush】”お騒がせ男”堀井翼が10ヶ月ぶり復帰戦「今年はリアルの俺のKO劇がいっぱい見られる」と里見をKO宣言

・【Krush】加藤虎於奈が“約束通り”松岡力を挑戦者に迎え初防衛戦「しっかり白黒つける」(加藤)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧