TOP > ニュース 一覧

【RISE】志朗が語った那須川との0コンマ何秒のやりとり

2021/02/28(日)UP

那須川戦を終え、インタビューに応じた志朗

 2月28日(日)神奈川・横浜アリーナで開催された『RISE ELDORADO 2021』の「メインイベント スーパーファイト-55kg」で、那須川天心(TARGET/Cygames)との再戦に挑み、判定負けを喫した志朗(BeWELLキックボクシングジム)が試合後のインタビューに応じた。

 昨年11月に開催された那須川への挑戦権を懸けたトーナメントで優勝を成し遂げた志朗は、那須川撃破に、日本人で最も近いといっても過言ではない存在であった。那須川のスピードにも徹底的に対策を練り、パンチの技術の向上を見せた。しかし、パンチと蹴りのヒット数と試合運びで、那須川に、あと一歩及ばなかった。

 那須川は試合後のインタビューでは、志朗について「考えていることは似ている。全局面で前より強くなっていた。距離感やパンチの打ち方、ジャブの入り方、蹴りの威力、スピードにおいて感じました。超玄人が好む技術戦だった」と評していた。

あわや! 志朗と那須川のパンチが交差する

「彼の方が上だった。負けを認めるしかないですね。単純に自分の実力不足でした」と潔いコメントを残した志朗。那須川と同じく”考えていることは似ている”との見解を述べ、「向き合ってる時にコンマ何秒でやりとりをしているんですよ。ガードの位置や目線の位置もだし、2回目は同じ攻撃はさせないようにしたりとか、すごく頭を使いました」と心理戦を振り返った。

 那須川の強みとして、志朗は絶妙な”距離支配能力”を挙げた。「(自身は)右のパンチはフック、アッパー、ストレートなどの種類をやっていました。でも、戦ってみて分かるけど、バックステップした後の距離の遠さがあった。ジャブは近いけど、打って、次にボディを打とうと思ったら、射程圏内にいない。あれを捕まえる人はいるのかなと思いましたね」と、自身のジャブから、その先の攻撃を出そうとした際に、一瞬のタイミングで那須川に当たらない距離になるという。

志朗(左)にハイキックをヒットさせる那須川

 さらには、那須川には多彩な蹴り技もある。那須川自身、今回の試合で「蹴りまくってやろうと思っていた」と試合後に述べていた。志朗が那須川のパンチを警戒していると読み、蹴りを多く出したというのだ。

 那須川の蹴りについて「ミドル蹴りながら、下を打ったり(ローキック)、ハイキック打ったり、三日月も来る」と技のバリエーションを感じた。さらに、「左ミドルが来たら、左フックを合わせようと思っていた。ただ、単純に打ち合いに行ける相手じゃなかった」という。那須川のミドルにフックを合わせようとしたが当たらず。さらに、那須川の距離支配能力から、打ち合いにもいけない状態になっていたようだ。

 那須川との試合を通して、志朗にとっても勉強となったことは多い。「3Rに自分から行ける場面は作れた。パンチに関してスピードが慣れたのは自信になった。あの中で自分がどう積極的に出せるかが課題です。すごく勉強になりました」と那須川のようなスタイルの相手にも、序盤から積極性を見せることが今後の課題だとした。

●編集部オススメ

・[本日の試合]那須川天心が志朗に判定完勝、神スピードと圧力で2度の対決を制す

・那須川天心、志朗との心理戦を語る、序盤の蹴り、あえて遅いパンチも

・[前回の試合]那須川天心が志朗との心理戦を制しトーナメント制覇

・二度目の那須川戦を控える志朗「今回がラストチャンス、全ての局面を想定した」

・志朗がトーナメント制覇し那須川への挑戦権を獲得

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧