TOP > ニュース 一覧

【レベルス】SB&REBELS王者・海人、改めて世界強豪との対戦をアピール「70kgでやっていける日本人選手になっていく」

2021/03/01(月)UP

会見終了後には、この日届いたばかりのKNOCK OUT-BLACKスーパーウェルター級のベルトも海人に届けられた。(REBELS王者は自動的にKNOCK OUT王者となるため)

 2月28日(日)東京・後楽園ホールで開催された『REBELS ~The FINAL~』の一夜明け会見が、3月1日(月)都内にて行われ、ダブルメインイベント第2試合のREBELS-BLACKスーパーウェルター級タイトルマッチで王者・日菜太(クロスポイント吉祥寺)に判定勝利し、新チャンピオンに輝いた海人(TEAM F.O.D)が出席した。

 海人は「日菜太選手と試合後に話をさせてもらって『世界に行ってきてくれ。海人選手なら通用する』と言ってくれたので、その言葉に恥じないようにしっかりと覚悟を決め、世界に挑んでいきたいと思います」と改めて世界の強豪との対戦をアピール。

 昨日の試合の作戦については「正直、(日菜太は)もっと蹴ってくると思っていたのですが、思ったよりもパンチの方が多く、思ったより姿勢も低かったので序盤から想定していなかったヒザ蹴りが腹に入り、後半に顔面にも当てていく作戦に途中から変えました」と説明。

 70kg級でやっていく手応えに関しては「今は日本人選手とやってきて、まだ当たり負けは感じていません。僕が目指しているのは世界。そのために身体作りもしているので問題はありません」という。

 また、2019年12月にシュートボクシング(以下SB)のリングで勝利している“ブラックパンサー”ベイノアが本日行われたRISE一夜明け会見で再戦をアピールしていることに関しては「前にやった時は階級は違いましたけど(67.5kg契約)、一度やって勝っているので今は興味はありません。機会があれば70kg契約でいつか当たるのかなと思います。もしやることがあれば、しっかり分からせてやろうかなと思います」とベイノアとのリマッチはそれほど興味はない様子。

海人が日菜太に競り勝ちREBELS王座を奪取

 そして、以前からこだわっている4選手へのリベンジ(ザカリア・ゾウガリー、チャムアトーン・ファイタームエタイ、チャド・コリンズ、ピンペット・バンチャメーク)に関しては「リベンジしたい気持ちは変わりません。下の階級の選手なので、階級を下げてでもリベンジしたい。でも今は70kgで世界で通用するのかを試したい。強い外国人選手に勝っている日本人選手はいないのですが、僕は勝てる自信があります。70kgでやっていける日本人選手になっていきたい」とした。

 なお、外国人選手との対戦を希望している海人に関して宮田充プロデューサーは「過去にベルトの防衛戦を外国人選手とやったことがあるので、それが外国人になる可能性もあります。会見の時から海人選手は『世界を目指している』と明言しているので、それを尊重した上でSB協会さんと相談させていただきたい」とした。

 なお、海人の次戦は4月10日(土)東京・後楽園ホールで開催される『SHOOT BOXING 2021 act.2』に決定しているが「SBのリングで試合をしていくこと以外に、他の団体でも出場させてもらえる機会があればシュートボクサーが最強だということを証明していきたい」とした。

●編集部オススメ

・【レベルス】最終戦で日菜太敗れる、海人が判定でREBELS王座獲得、老沼は白幡にリベンジ許す

・【レベルス】10年を締めくくる日菜太「日本最強を証明」対する海人も「倒して世界へ行く」=前日計量

・キックイベント『REBELS』が10年の歴史に幕、『KNOCK OUT』に統合

・【ONE】壮絶ダウンのムエタイ女子、試合中の視覚異常と顔面骨折を告白

・【RISE】那須川天心、勝利の決め手は”打倒 那須川天心”の自己分析

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧