TOP > ニュース 一覧

【レベルス】新王者に輝いた白幡裕星「キック一本の生活に間違いはなかった」

2021/03/01(月)UP

会見終了後には、この日届いたばかりのKNOCK OUT-REDスーパーフライ級のベルトも白幡に届けられた。(REBELS王者は自動的にKNOCK OUT王者となるため)

 2月28日(日)東京・後楽園ホールで開催された『REBELS ~The FINAL~』の一夜明け会見が、3月1日(月)都内にて行われ、ダブルメインイベント第1試合の【創世のタイガpresents】REBELS-REDスーパーフライ級タイトルマッチで王者・老沼隆斗(STRUGGLE)に判定勝利し、新チャンピオンに輝いた白幡裕星(橋本道場)が出席した。

 昨年2月に老沼に敗れ、今回リベンジに成功した白幡は「昨日は緊張しすぎて、興奮しすぎて覚えていません。覚えていることは、インターバル中に橋本師範、(宮元)啓介さんや(安本)晴翔さんから『勝ちに来たんだろ?ベルトを獲りに来たんだろ?』と喝を入れられたのを覚えています」と試合内容を覚えてないという。

勝敗を左右した白幡の左ボディ

 勝因を聞かれると「師範に勝たせてもらえた試合でした。前回老沼選手に負けた時に『次に勝ちたいなら猛練習しよう』と言われて、その言葉を言っていただいて、その言葉通り、朝は10㎞以上走って、昼寝して、夜は誰よりも早く練習に行き、師範に何Rもミットを持ってもらいました。その作戦通りに行った結果でした」とキック一本の生活で猛練習してきたことが勝ちにつながったと明かす。

「ベルトを獲って、改めてこのキック一本の生活に間違いはなかったと確信しました。周りの友達は大学進学、就職していく中、僕は16歳で道場の近くに引っ越ししました。その時に気に懸けてくれたのが、晴翔先輩で毎日練習終わりにご飯に連れて行ってくれたり、僕がお金のない時は晴翔先輩のお母さんの許可をもらって家に泊まったこともあります。試合の翌日に練習に連れていかれたこともあったのですが、そのおかげでこの場に立てていると思います」

 今後については「まだまだ未完成ですが、これからも師範の言う通りにいけば勝ち続けられると自信にもなりました。KNOCK OUTのスーパーフライ級で1番強いのを証明していきます。僕は生活が懸かっているので、コロナが落ち着いたらタイ人など外国人選手とやって、ファイトマネー総取りとかやってみたいです」と可愛らしい表情からは想像できない意外な発言を飛ばした。

●編集部オススメ

・【レベルス】最終戦で日菜太敗れる、海人が判定でREBELS王座獲得、老沼は白幡にリベンジ許す

・【レベルス】SB&REBELS王者・海人、改めて世界強豪との対戦をアピール「70kgでやっていける日本人選手になっていく」

・レベルス最終戦に皇治と山口代表が惜別のファイト、そして10カウントゴング

・キックイベント『REBELS』が10年の歴史に幕、『KNOCK OUT』に統合

・【レベルス】ぱんちゃん璃奈がMISAKIの突進封じ、初代女王の座を勝ち取る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧