TOP > ニュース 一覧

【スターダム】新旧グラドルレスラー対決に敗れた白川未奈が再戦望む、”一夜限り”愛川ゆず季の答えとは

2021/03/05(金)UP

一夜限りの復帰を果たした愛川ゆず季が長与千種にかかと落とし!=本人提供(c)スターダム

 3月3日に行われた『スターダム10周年記念~ひな祭り ALLSTAR DREAM CINDERELLA~』で、元祖グラレスラーの“ゆずポン”こと愛川ゆず季(37)が7年11ヶ月ぶりにプロレスのリングに一夜限りの復帰を果たした。

 第1試合で行われた24人が入り乱れたスターダム・オールスター・ランブルに愛川は長与千種にキレのあるローキックの連打、やかかと落として勝利。プロレス引退の2年後の15年にテコンドーの黒帯を取得、さらにキレが増したようにも見える。
 そして最後には愛川vsコズミック・エンジェルズでユニットを組む白川未奈&ウナギ・サヤカとの対戦となった。

白川は試合の翌日に自身が負けている写真とリベンジを希望した(@minashirakawa)

 まず、元祖グラビアアイドルレスラーの愛川と、現グラビアアイドルレスラーとして活躍する白川の対戦。白川はプロレスに柔術を取り入れさらに技術の幅を広げる。そんな白川にグラレスラーとしての引導を渡さないとばかりに、白川にゆずポンキックのオンパレード。最後は後ろ回し蹴りを白川の頭部にヒットさせ、そこからタイガー・スープレックス・ホールドを決めて勝利した。

 そして決勝は愛川とウナギ・サヤカとの1vs1の対決となり、今度は逆にウナギのかかと落としを愛川に決め、ウナギの勝利、優勝となった。これも相棒の白川が愛川戦で健闘してくれたおかげもあるが、愛川に敗れた白川は悔しそう。

愛川と白川はYouTubeで共演している(ゆずポンチャンネル

 次の日、白川は自身のTwitterで「グラドル原点は一緒でも、同じ事をしたいのではなく、私は私で日本の女子プロレスを世界に広めたいという目標がある。だから私はまだリングで生きる。だけどゆずポンさんは凄くて、昨日はフルコース味わった。またプロレスしたいって思ってくれてたらいいな。シングルしたい。どんなルールでも」と強くリベンジを望むメッセージを発信した。

 愛川は試合後にインタビューすると「プロレスは一夜限りです。(ランブル戦で)もし優勝していたらその気になっていたかもしれませんが」優勝を逃すも微笑みながら答える。

 この白川のツイッターメッセージについて改めて聞くと「未奈ちゃんにそう言ってもらえて嬉しいです。今は何も考えられないけど、今後YouTubeでなら絡みはあるかも」と語る。
 愛川は、子育てもある中、この復活のために約3ヶ月間の集中して試合に挑んだ。身の回りの協力あってこそだった。リングに上がる以上はプロとしてのパフォーマンスが求められる、現在の状況からなかなか簡単には出られないだろう。

 なお、すでに愛川と白川はYouTubeでコラボしている。セクシーなスポーツブラでストレッチ、そしてゆずポンキックの伝授、時折プロレス技まで公開している。第3弾、4弾と重ねて行く中で、もしかするとゆずポン出場に繋がる何かが起こり、再び出場に繋がることがあるかもしれない。まずはYouTubeからの展開に期待したい。

▼次ページは(動画)愛川が白川とセクシーなスポーツブラでストレッチ、かかと落としを伝授する

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・愛川ゆず季、キレッキレ”ゆずポンキック”炸裂、シーザージムでの本格蹴り強化で一夜限りの復活に満足

・「柔術が生きた」Hカップグラドル白川未奈がプロレスで自力勝利

・【BBJ】柔術に励むHカップグラドルレスラー白川未奈「今は女子力よりも筋力欲しい」=7.5新木場

・【JTAテコンドー】愛川ゆず季、新技の飛びかかと落としで板割り成功

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」、「」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧