TOP > ニュース 一覧

【K-1】椿原龍矢、江川優生への挑戦は「15年間の格闘技人生すべてぶつける」

2021/03/09(火)UP

ハンドミットに鋭いパンチを放つ椿原(C)K-1

 3月21日(日)東京ガーデンシアターにて開催される『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K’FESTA.4 Day.1~』のメインイベントでは、K-1 WORLD GP フェザー級タイトルマッチが行われる。
 王者・江川優生(23=POWER OF DREAM)に挑戦する椿原龍矢(21=月心会チーム侍)が公開練習を行った。

 両者は昨年9月のK-1大阪大会、ノンタイトル戦で激突したが、椿原が徹底的に江川の強打を当てさせない技術を見せ翻弄。2-0の判定勝利をもぎ取る大番狂わせを見せた。
 今回は、リマッチにしてタイトルマッチとなる。

江川のパンチを空転させる椿原=昨年9月

 椿原にとって、前回の勝利がプレッシャーになることは無い。椿原は「言っても江川選手がチャンピオンですし、僕が気負う必要はないんちゃうかなって思っています。前回からリセットして、一から格上のチャンピオンに挑むので今までどおり番狂わせ、下克上を起こせるように頑張ろうと思ってます」と浮き足立つことなく語る。

 椿原はK-1アマチュア出身で、K-1甲子園王者から今回ついにK-1のベルトに手をかけた。椿原は「僕が初めてK-1 JAPAN GROUPの試合に出たのは、高校1年生の時で中学を卒業して半年くらい。その頃から『俺が世界で一番強い』『誰にも負けへん!』ぐらいの気持ちでやっていて、K-1チャンピオンになるつもりでした」と振り返る。

距離を支配する得意の前蹴りを放つ(C)K-1

 続けて「今から格闘技を頑張ってK-1 JAPAN GROUPに来たいと思っている人、学生でアマチュアから頑張る人色んな人がいると思いますが『椿原が一から頑張ってK-1チャンピオンになったから俺も頑張ろう』と思ってもらえたら嬉しいです」と後続の希望になるとする。

 前回の試合後には歓喜の涙を流した椿原は「ずっとK-1のベルトが欲しくて、準備を続けてきた試合なので準備完了です。15年間の格闘技人生をすべてぶつけてベルトを獲る。今回は涙じゃなくて笑って、笑顔でみんなに手を振って終わりたいと思います」と笑顔の王座奪取を宣言した。

≫この大会の対戦カード、スケジュール、チケット情報など詳細

●編集部オススメ

・江川優生と椿原龍矢がタイトルマッチで再戦「とっ捕まえてぶっ倒す」(江川)

・[前回の試合]王者・江川優生が敗れる、椿原龍矢の当てさせない巧さ(動画あり)=2020年9月

・王者・江川優生が「倒す」連発でリベンジに燃える、椿原龍矢は「楽しみ」

・”戦う美容師”菅原美優、期待の16歳・NOZOMIと激突「自分もK-1を盛り上げる一人に」(菅原)

・芦澤竜誠”血液型に合った食事”と 特練で進化「体の細胞が生まれ変わった。新たな俺」リベンジに自信

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧