TOP > ニュース 一覧

【K-1】王者として初陣のゴンナパー、目指すは”唯一無二の絶対王者”「誰よりも長い間防衛し続けたい」

2021/03/11(木)UP

強烈なパンチを叩き込むゴンナパー(C)K-1

 3月28日(日)東京・日本武道館で開催される『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K’FESTA.4 Day.2~』の[スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R]で南雲大輝(八光流柔術総本部)と対戦するゴンナパー・ウィラサクレック(ウィラサクレック・フェアテックスジム)が公開練習を行った。

 ゴンナパーは、強烈な左ミドルキックとムエタイ仕込みの強打を武器に、昨年12月のK-1両国大会で王者・林健太を破り、念願のK-1王座を獲得した。今回のビッグマッチでは、王者としての初戦に挑む。

ムエタイ仕込みのヒザ蹴りも武器のゴンナパー(C)K-1

 公開練習では、トレーナーの持つミットにパンチ、ミドル、ヒザ蹴りを叩き込み「体調は徐々によくなってきている。試合の日には100%になってるはず」と順調ぶりをアピールした。

 対戦相手の南雲はミャンマーラウェイ王者で、今回の試合は”ムエタイvsミャンマーラウェイ”という図式で注目を集めている一戦だ。カード発表会見時にはラウェイについてあまり知らないと言っていたゴンナパーだが、南雲の映像を確認して、対策を行っているという。

(C)K-1

「ラウェイは、タイではカッチューアと呼ばれていて、一番大きな違いはグローブの有無。南雲選手はラウェイで戦っていただけあって、パンチには警戒しないといけないと思うが、それ以外は特にムエタイと違う点はないと思う」と、これまで戦ってきた相手と変わりない相手だと認識している。

 ゴンナパー自身、王者として迎える今回の試合には、これまでとは違った決意がある。「全力で戦って、見ている人たちが面白いと思ってくれる試合をしたい。2021年初の試合となるので、今年を占うという意味でもKO勝ちしたい。2021年初のKO勝利をもぎ取る」と倒し切る試合を予告した。

(C)K-1

 K-1に参戦当初から念願であった王座獲得という大きな目標を果たしたゴンナパー。今後については「いい試合を続けて、誰よりも長い間タイトルを防衛し続けたい。その間にも自分のレベルを上げて、もはや誰も相手がいないというぐらいまで持っていきたい」と”唯一無二の絶対王者”を目標に掲げた。

☆この大会の対戦カード、スケジュール、チケット情報はこちら

●編集部オススメ

・【K-1】”ムエタイ大魔神”ゴンナパー、ミャンマーラウェイの南雲大輝を迎え撃つ

・【K-1】魔裟斗に憧れる王者・山崎秀晃「狙われる立場になった」不可思戦のテーマは“圧倒”=3.21

・【K-1】”3児の母”熊田曜子がラウンドガールに挑戦「嬉しいです!」=3.21有明

・【K-1】イラつく高梨knuckle美穂、MARIを「二度とリングに立てないような負け方にしてやる」=3.28日本武道館

・【ラウンドガール】セクシー衣装の元K-1ガールズ松嶋えいみ、神ボディを保つ秘訣は?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧