TOP > ニュース 一覧

ロシアの珍事! MMA美女が240kgの巨漢ユーチューバーにTKO勝利、“流行”の課題も

2020/12/01(火)UP

240kg巨漢ユーチューバーと対戦したロシア女性MMAファイターのダリナ・マンザイユック(MMAメディアSherdogより)

 11月26日(現地時間)、ロシアで開催された格闘技イベントにて男女が戦う“フリークショウ”的な総合格闘技(以下、MMA)の試合が放送され、ネット上で話題を呼んでいる。

 『Our Business(※英語名)』という名前のプロモーションで実施された男女によるMMAマッチ。女性はロシア国内で人気のプロMMAファイターのダリナ・マンザイユック(28=以下ダリナ)。対するは12万人の登録者を持つロシアの人気ユーチューバー、グリゴリー・チスチャコフ(29=以下グリゴリー)。

 ダリナはプロ戦績4勝1敗で体重は63kg。一方、男性のグリゴリーは格闘技未経験ながら体重は240kgと巨漢。性別だけでなく、圧倒的な体重差もあった。

大会最後のフィナーレ、勝利したダリナ(中央)、マットに横たわるグリゴリー(下)(YouTube映像より)

 男性が“格闘技素人”とは言え、桁外れの体重差があることから、イベント主催者と監視するコミッションは、選手の安全性を一番に考慮して実施したというが。

 金網の中MMAルールで行われた試合は、巨漢のグリゴリーが180kg近い体重差を利用し組みつき倒そうとするが、ダリナは一度は捕まるものの上手く立ち回る。
 薄いMMAグローブでパンチを食らい、嫌がり倒れ込んだグリゴリーを”ボコボコ”にパウンド連打。グリゴリーのタップアウトでダリアの1ラウンドTKO勝利で終わった。

 グリゴリーは試合後、競技パンツが見えない程の巨大な腹を揺らしながら「これを機にちゃんとトレーニングしてもっと健康的な生活をする様にします」と反省した。

 因みに本イベントのYouTube動画は250万(11月1日時点)以上の視聴回数を記録している。

 刺激的な映像を求めがちなYouTubeと格闘技コンテンツはある意味で親和性が高いからか、格闘家がYouTube活動を行ったり、ユーチューバーが格闘技を行うのは今や、世界中で人気だ。
 日本でも、RIZINで活躍する朝倉兄弟がユーチューバー活動を通してその人気を一般層にまで広めることに成功。その流行りで多くの格闘家がYouTubeの活動を行っているのが現状だ。
 先日行われたボクシングのタイソンvsジョーンズ戦の前座で、世界的人気のユーチューバー、ジェイク・ポールが元NBAスター選手ネイト・ロビンソンをKOした試合がタイソン戦と同じレベルで多くの注目を集め、タイソンも「ユーチューバーが瀕死のボクシングを蘇らせた」と、業界に於けるユーチューバーの“ビジネス的貢献”を高く評価した。

 今回の試合も、登録者数12万人のユーチューバーの人気にあやかっての実施だと考えられ、この“流行”は世界的にもさらに広がっていくことが予想されるが、主催者による選手の安全管理は厳守されるべきだろう。

▶︎次ページは、63kg女性プロ選手 vs 240kg巨漢ユーチューバー!ロシアで行われた男女混合MMAマッチ映像

●編集部オススメ

・【ボクシング】YouTuberポールが衝撃KO勝ち、元NBAロビンソンが前のめりに崩れる

・シバターが引退試合で安保瑠輝也と対戦「クズじゃないことを証明する」=10.28

・朝倉海が挑発するシバターを23秒で絞め落とす「俺の本気はRIZIN、会場に観に来て」(動画あり)

・朝倉未来がWBA世界王者・京口紘人とボクシングスパー「速い、マジで、さすが世界王者」(動画あり)

・【チャクリキ】ミス・モンゴルが体重差30kg以上の女子キックボクサーにチョークで一本勝利、ノブと中迫が迫力エキシ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧