TOP > ニュース 一覧

こんなKOは初、 何と頭に”力こぶ”が! 欧州MMA王者を倒したありえない“珍撃”

2021/02/03(水)UP

トーレス(上)がありえないKOで無敗王者をダウン!
(KSW公式映像のサムネイルより)

 東欧ポーランドに本拠地を置く欧州最大のMMA団体『KSW』で、前代未聞のKO劇が起きた。

 1月30日にポーランド・ウッチで行われた『KSW58』メインイベントのフェザー級タイトルマッチで、王者のサラディーヌ・パルナス(23=フランス)と、挑戦者のダニエル・トーレス(26=ブラジル)が対戦。

 試合序盤、両選手はお互い組んだ状態から離れ、ほぼ同時にパンチを放つと王者パルナスが前のめりでダウン。すぐさまレフリーが試合を止めた。挑戦者による開始わずか109秒の決着も凄いが、それ以上に決まり手が普通ではなかった。

挑戦者の力こぶに王者の頭部がヒットした瞬間(KSW公式映像より引用)

 スローで再生された映像で確認すると、パルナスがワンツーを放ちながら頭を軽く下げると、挑戦者トレースの右フックの盛り上がった上腕(ちからコブ部分)がパルナスの頭頂部にヒットしながら通りすぎる。ヒットした瞬間、挑戦者のちからコブ部分はゴムボールのようにつぶれる感じは確認できるが、この衝撃で脳が大きく揺れたのか、パルナスが崩れるように倒れた。

 拳がヒットしたのではなく、盛り上がったちからコブが頭部にヒットしてのKO劇。オープンフィンガーグローブより8オンスなどのボクシンググローブの方が脳が揺れKOが起こりやすいというが、ちからコブも同じことなのだろうか。
 王座から陥落したパルナスはこれまで15戦して負けなし(14勝1分)で、初黒星がタイトル戦でこのような形のフィニッシュになったのは納得できないはずだが、パルナスは31日に自身のSNSで「不幸にも予想外の事が起きてしまった。しかし、もう終わったこと。さらに強くなって、リベンジする」とすぐに立ち直った様子。パルナスとトーレスとのダイレクトリマッチはあるのか、期待される。

▶︎次ページ(動画あり)は、欧州最大MMA団体KSWで起きた“ありえない”KO劇!

●編集部オススメ

・【ベラトール】ヒョードルの“無慈悲”な25発パンチほか、”倒して殴る”衝撃の映像集を公開

・【ベラトール】歴代“秒殺KO”映像集を公開、元PRIDEロシア軍最強兵士・ハリトーノフの“大の字KO負け”の衝撃シーンも(動画あり)

・全米人気の素手ボクシング大会で、わずか3秒の瞬殺KO劇!(動画あり)

・ロシアの珍事! MMA美女が240kgの巨漢ユーチューバーにTKO勝利

・【UFC】激怒のヌルマゴメドフがベルトを蹴り上げる!衝撃フェイスオフ映像集を公開

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧