TOP > ニュース 一覧

【KNOCK OUT】王座戴冠に王手の小笠原瑛作が計量パス「僕がKNOCK OUTを引っ張る」

2021/03/12(金)UP

タイトルマッチに臨む小笠原瑛作とKING強介が計量パス

 3月13日(土)東京・後楽園ホールにて開催される『KNOCK OUT ~The REBORN~』の前日計量が12日都内にて行われた。

 メインイベント(第8試合)KNOCK OUT-RED スーパーバンタム級王座決定戦 3分5R・延長1Rに出場する小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺)、KING強介(京都野口ジム/Team fight bull)が計量に臨み、小笠原が54.8kg、強介が54.9kgで共にリミットの55.0kgをパスした。

強介は体調不良で会見を欠席、ひとり会見に臨む小笠原の前には真紅のベルトが置かれる

 この王座決定戦は、昨年11月8日のREBELS-RED 55.5kg級王座決定トーナメント(REBELSがKNOCK OUTと大会名を統一するために名称変更)の準決勝で勝利した小笠原瑛作と小笠原裕典による兄弟対決で実施予定だったが、兄・裕典が階級変更により辞退したために、裕典と準決勝で対戦したKING強介が進出となった。

 計量後に行われた会見では、小笠原のみが出席。強介は計量後に気分が優れず、会見を欠席となった。

 小笠原はこの2月で長年参戦を続けたREBELSブランドが封印されたことに触れ「REBELS FINALから統合されて、これからKNOCK OUTでやっていく第1回目の大会のメインイベント。そんな中でタイトルマッチ。僕がしっかり獲ってKNOCK OUTを引っ張っていくところを見せていきたいと思います」とエース就任を宣言した。

18年10月のREBELSで対戦した小笠原と強介、このときは小笠原が判定勝利を収めた

 旧体制以来、長年追い続けてきたKNOCK OUTのベルトが目の前に置かれた小笠原。「僕のために作られたと思っている」と改めてKNOCK OUTのベルト奪取を宣言した。強介とは2018年10月のREBELSで対戦し、そのときは小笠原が判定勝利を収めている。改めて強介という存在について「非常にクレバーな選手。僕の印象では、入ってこなくて打ち合わない。倒しづらい選手だと思っている」とやりづらさを指摘。その上で「そこでやっぱりわかりやすいのはKO。全局面において前回と違う内容にするために、倒しきる練習をしてきた。前回と同じにはならない」と、KOによる完全決着を宣言した。

この一戦の勝者には漫画家の森恒二氏よりWINボーナスが贈呈される

 所属するクロスポイント吉祥寺において、長らく若手最右翼として扱われてきた小笠原。しかし年齢も25歳とすっかり大人になり、後輩も多く入ってきたという。「僕も先輩に引っ張ってもらって、背中を見て育ってきた。僕が成長して後輩が増えた今、背負っていきたいと思う」と、団体だけでなくジムの大黒柱としての自覚も芽生えてきた小笠原。新生KNOCK OUTの看板となるべく、初代王者奪取に出陣する。

<計量結果>
▼メインイベント(第8試合)KNOCK OUT-RED スーパーバンタム級王座決定戦 3分5R・延長1R
小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺)→54.8kg
vs
KING強介(京都野口ジム/Team fight bull)→54.9kg

●編集部オススメ

・新生KNOCK OUTで王座戦に挑む小笠原瑛作がエース宣言、対するKING強介「望まれたストーリーを絶対にぶっ潰す」

・【KNOCK OUT】新ラウンドガールにレースクイーン、”齧り付きたいお尻”の来栖うさこも初登場=3.13(写真14枚)

・小笠原瑛作との王座を懸けた決勝戦は兄に代わりKING強介が参戦

・鈴木千裕、松倉信太郎ら参戦、二階級でトーナメント開催

・“大晦日参戦”狙うKO率100%の龍聖が大脇武に“処刑”宣告「気づいたら死んでる」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧