TOP > ニュース 一覧

【UFC】反則負けで王座陥落のピョートル・ヤン「故意ではない」と主張、歓喜の新王者に「恥ずかしい行為、彼は偽物だ」と激怒

2021/03/13(土)UP

スタンド勝負でスターリングを圧倒するヤン(左)(©Getty Images/UFC)

 3月7日(日・日本時間)米ネバダ州ラスベガス『UFC259』で行われたバンタム級タイトルマッチで失格処分となり、王座を失ったピョートル・ヤン(ロシア)が、新王者となったアルジャメイン・スターリング(米国)に噛みついた。

 試合は4R、ヤンがしゃがみ込んでいるスターリングの顔面へヒザ蹴りを打ち込み、スターリングがダメージで立ち上がれず、試合終了。この攻撃は禁止されている3点ポジション(両手両足の4点のうち、3点が地についている状態)での膝蹴りとし、故意の反則と判断され、ヤンは失格でスターリングが新王者となった。

勝利者コールされるスターリング(UFC公式SNSより)

 ヤンは11日、ESPNのMMA解説者アリエル・ヘルワニの取材に応じ「ヒザ蹴りを貰った直後、彼(スターリング)は回復しようとしている様子だった。しかし、レフリーがドクターに『ヒザは反則だから失格にする』と発言しているのを聞いてから、大袈裟に気分が悪い様子を見せるなど、演技をし始めた。私は彼が試合を続けるのは可能だったと思う」と、自身が見たオクタゴンの中で起きていたことを説明。
 さらに、反則となったヒザ蹴りが意図的か、否かについては、相手の膝がマットについていることを確認できない中での攻撃で、決して故意によるものではなかったと主張した。

ヤンが投稿した、スターリングへの皮肉たっぷりな加工映像(ヤンの公式SNSより)

 ヤンは続けて、戦前にスターリングから“ペーパーチャンプ(実力のない名前だけの王者)は誰だ?”と散々煽られたことを引き合いにだし、「それ(ペーパーチャンプ)は彼のことだ。(あんな勝ち方での試合後)写真を撮ったり、祝ったりするのは、恥ずべき行為だ。彼は本物ではない。偽物だ」と、怒りを爆発させた。

 ヤンはまた、11日に自身のSNSで苦悶の表情を浮かべた仮面を持ち、本当の顔は笑っているスターリングを揶揄する加工映像を投稿。さらに、スターリングの愛称「Funk Master(ファンクの達人)」をもじり「Fake Master(嘘の達人)」と紹介の文を、皮肉たっぷりに添えている。

 後味の悪い形で終わったタイトル戦。早期の再戦を訴えるヤンだが、果たして二人のダイレクトリマッチはあるのか、今後の動向に注目が集まる。

▶︎次ページ(動画)は、問題となった3点ポジションでの“ヒザ蹴り”の瞬間

●編集部オススメ

・【UFC】まさかの結末!ピョートル・ヤンが“故意の反則”負けで王座陥落、新王者のアルジャメイン・スターリングが「ヒドイ終わり方、心が潰れそう」と無念の表情

・【UFC】初防衛に挑むバンタム級王者ヤンが余裕の笑み、怒りの挑戦者スターリングは「絞め落としてやる」=前日計量

・【UFC】デビュー2連勝狙う村田夏南子に早くも“強敵”登場、次戦の相手は柔術黒帯の強豪ランカーに決定か=6.19

・【UFC】マネル・ケイプが3.13に緊急参戦、ヌルマゴメドフからアドバイスで進化! ブラジル強豪相手に正念場

・中東で起きた“体がくの字に曲がるバスター”失神KO劇「落とす角度がヤバイ!」と慄然の声

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧