TOP > ニュース 一覧

【K-1】江川優生、初防衛とリベンジに向け絶好調「とっ捕まえてぶっ飛ばす」武尊vsレオナ戦も意識

2021/03/14(日)UP

キレのあるパンチをミットに叩き込む江川(C)K-1

 3月21日(日)に開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K’FESTA.4 Day.1~」(東京ガーデンシアター)で初防衛戦に挑むK-1 WORLD GPフェザー級王者・江川優生(23=POWER OF DREAM)が公開練習を行った。

 挑戦者・椿原龍矢(21=月心会チーム侍)には、昨年9月K-1大阪大会のノンタイトル戦で判定で敗れている江川。今回はフェザー級王者として、椿原の挑戦を受ける形でのリベンジマッチとなる。

ミドルキックを放つ江川(C)K-1

 試合一週間前の公開練習となった江川だが、2分1Rのミット打ちでは古川会長の持つミットに軽快なステップからパンチと蹴りを繰り出し「コンディションはバッチリ。あと一週間で減量と仕上げていく感じです」と好調をアピールした。

 前回の椿原戦で江川は左足の人差し指を骨折した状態でリングに立ち、自分本来の動きを出せないまま判定で敗れた。悔しさが残る内容・結果だったが、その悔しさが江川の原動力になったという。

「(前回の試合が終わって)怪我はしてたんですけど、やれることはずっとやっていたので、継続して練習していました。悔しさをバネにぶっ倒す気持ちだけでキツイ練習をたくさんやってきました」と語る。

 今はすごくいい練習ができているという江川「今は純粋に試合が楽しみで、早く試合がしたい。いいパフォーマンスをできる自信しかないです。(どんな試合をイメージしている?)前回と同じで、言い方は悪いけど鬼ごっこみたいな試合になると思います。でも今回は僕がとっ捕まえてぶっ飛ばします」と意気込んだ。椿原は当てさせない巧さがあるが、今回、コンディションも万全の江川は自信に満ちている。

 この対戦の一週間後の28日には日本武道館にて『~K’FESTA.4 Day.1~』があり、メインは武尊vsレオナ・ペタスのタイトル戦だ。Day.1とDay.2を通じて一番目立ちたいかの質問に「もちろん」と答えた江川。王者として前回の屈辱を晴らすのはもちろん、武尊vsレオナを超えるような熱い試合に期待したい。

選手データ
・江川優生(23=POWER OF DREAM)
身長171cm/構え:右/戦績:18戦 14勝(10KO) 3敗 1分/タイトル:第3代K-1 WORLD GPフェザー級王者/第4代Krushフェザー級王者
vs
・椿原龍矢(21=月心会チーム侍)
身長170cm/構え:右/戦績:14戦 10勝(3KO) 3敗 1分/タイトル:K-1甲子園2017 -55kg王者

☆この試合の全対戦カード、チケット、スケジュールはこちら

▶︎次ページは(動画)前回の江川vs椿原の試合。江川のパンチに椿原は当てさせず鋭く返す高いテクニックが評価。

●編集部オススメ

・[前回の試合]王者・江川優生が敗れる、椿原龍矢の当てさせない巧さ(動画あり)

・【K-1】江川優生と椿原龍矢がタイトルマッチで再戦「とっ捕まえてぶっ倒す」(江川)

・【K-1】江川優生に勝利した椿原龍矢、次は江川のタイトルに挑戦し「倒してチャンピオンになるだけ」

・【ボクシング】元K-1王者・武居由樹が衝撃の103秒のKO劇「ボクシングでもベルト巻きたい」

・【K-1】”3児の母”熊田曜子がラウンドガールに挑戦「嬉しいです!」=3.21有明

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧