TOP > ニュース 一覧

【K-1】江川優生に勝利した椿原龍矢、次は江川のタイトルに挑戦し「倒してチャンピオンになるだけ」

2020/09/23(水)UP

王者・江川にノンタイトル戦で勝利した椿原が会見に出席した

 9月22日(火・祝)、エディオンアリーナ大阪にて行われた『K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K-1秋の大阪決戦~』で江川優生(POWER OF DREAM)に判定勝利した椿原龍矢(月心会チーム侍)が、大阪市内にて行われた一夜明け会見に出席した。

 圧倒的な強さでフェザー級王座を戴冠した江川優生(POWER OF DREAM)の戴冠後初戦の相手として、地元大阪の椿原が挑んだ一戦。下馬評で椿原不利の予想だったが、江川の強打を封じた判定勝利で椿原が予想を大きく覆した。また今大会には椿原をはじめ月心会から3選手が出場し、TETSU、和島大海が勝利を収めたことから同門3連勝のかかった一戦となった。椿原は「TETSU、和島さんが繋いでくれたのでいい感じで試合に臨めた」と、良い流れを受け取りつつ、開始早々から記憶がないと話すほど集中した自身の試合を振り返る。

江川(右)の「圧」を感じ、常に緊張感を持って戦えたという椿原(左)

「覚えている間の記憶で言えば、パンチをもらった時に軽トラで轢かれる“事故レベル”のダメージになると思った。すごく強くて良い経験をさせてもらった」と、江川の攻撃力を身を以て体感した様子の椿原。
 打撃と同様、それ以上に感じた強さが江川から出る「圧」だった。「前に立たれて睨まれるのが嫌でした。何が出てくるかもわからない」と、強打に対し集中して備えることで、常に緊張感を持って戦えていたという。

 判定を告げられると、その場に崩れるほどの緊張感ある試合を制した椿原は、同階級で憧れの江川超えを果たし「みんなに褒めてもらえて良かったです」と、その喜びを語る。
 過去に軍司泰斗、西京春馬といった格上選手との試合では常に下馬評不利を覆してきた椿原。今回もその評価を受けて「見ておけ、という気持ちで試合できました」と、持ち前の反骨精神が勝利を引き寄せたのかもしれない。

江川(右)vs椿原(左)、タイトルマッチでの再戦が実現するのはいつか

 会見では、江川が試合前に足の指を骨折していながら強行出場した経緯と、江川本人もタイトルマッチでの再戦を望んでいることが中村プロデューサーから告げられたが、「タイトルマッチをできることは光栄ですし、目の前の相手を倒してチャンピオンになるだけ」と、大番狂わせ直後ながら椿原の視線は既に王座を見据えていた。

●編集部オススメ

・【K-1】王者・江川優生が敗れる、椿原龍矢の当てさせない巧さ(動画あり)

・江川優生、王者として初戦の計量パス、対する椿原龍矢「最強の選手を倒して僕が最強になる」

・地元・大阪で大抜擢の椿原龍矢、王者・江川優生を倒し「大阪ジャパニーズドリームを実現させる」

・【K-1】山崎秀晃、安保瑠輝也に失神KO勝利で新王者に(動画あり)

・[一夜明け会見]新王者・山崎秀晃「ゴールデン・フィスト、強打、KOでK-1を証明していく」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧