TOP > ニュース 一覧

【K-1】村越優汰、3年前に勝利した芦澤竜誠に「3年前と変わっていない、三日月蹴りを入れてやる」

2021/03/14(日)UP

芦澤竜誠と約3年ぶりの再戦に挑む村越優汰©️K-1

 3月21日(日)に開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K’FESTA.4 Day.1~」(東京ガーデンシアター)にて、[第11試合スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R]で芦澤竜誠(25=PURGE TOKYO)と対戦する村越優汰(26=湘南格闘クラブ)が公開練習を行った。

 村越は右ジャブ・左ストレートを中心にミット打ちを披露。試合に向けて「コンディションはいつもと変わらず。めちゃめちゃいいわけでも悪いわけでもなく」と、普段通りの調整が出来ているとリラックスした様子。

パンチを打ち込む村越(左)©️K-1

 芦澤とは17年12月に初対決し判定で勝利している村越は、約3年3か月ぶりの再戦について「自分は蹴りの選手だと思われているんで、パンチもあるというところも見せたい。特にジャブは試合展開を作るうえで大事になると思うので磨きをかけています。3年前と比べたら全体的にレベルアップしている」と自信を見せた。

初対決となった17年12月、村越が蹴り技で芦澤を追い詰める

 対戦カード発表会見で芦澤から“(村越の試合は)誰も会場が沸いてない。俺の試合を見て参考にしたほうがいい”と挑発されたが、「そのおかげで今回の試合が盛り上がって注目されている。そこでしっかり勝ってオイシイところをもらおうと思っています」と冷静に切り返す。

 さらに「芦澤選手の試合映像も見てますけど、3年前と変わった感じはしない。インタビューで『三日月蹴りをもらっても効かない』と言っていたんで、逆に三日月蹴りを入れてやろうかなと思います」と、静かに闘志を燃やす。

今回の試合で「パンチもあるというところも見せたい」と意気込む村越©️K-1

 最後に「あっちは調子に乗っているんで、あっちが押しているシーンを少しでも作ったりすると色々言われると思うんで、全体を通して相手に何もさせない勝ち方をしたい」と完封宣言。「自分のいい流れになれば相手の攻撃をもらわないと思うんで、そのなかで倒せると思ったら倒しにいく。終わってみて相手が『何もできなかった…』と思うような勝ち方が理想です」と豪語した。

☆この大会の対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・【K-1】“我慢”の芦澤竜誠が“我慢しない”村越優汰と3年ぶり再戦=3.21

・【K-1】武尊も苦しめた村越優汰と再戦の芦澤竜誠「今の俺は別人、KO目指す」=3.21 有明

・[17年12月の初対戦時の試合]村越優汰の蹴り技炸裂、デビュー戦を勝利で飾る

・【K-1】芦澤竜誠がKO勝利で復活、倒し倒されのド突き合い制する(動画あり)

・【K-1】江川優生、初防衛とリベンジに向け絶好調「とっ捕まえてぶっ飛ばす」武尊vsレオナ戦も意識

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧