TOP > ニュース 一覧

【UFC】2連敗ケイプが最新判定アプリで“ジャッジ抗議”、勝ち意見多数も「負けは負け」と厳しい意見が

2021/03/15(月)UP

元RIZIN王者ケイプ(右)が痛恨のデビュー2連敗!(©Getty Images/UFC)

 3月14日(日・日本時間)に米ネバダ州ラスベガスで開催された「UFCファイトナイト・ラスベガス21」でマテウス・ニコラウ(28=ブラジル)と対戦し、スプリット判定で敗れたマネル・ケイプ(27=アンゴラ)。

 2月のUFCデビュー戦で判定負けし、わずか1ヶ月間の短い試合間隔で、仕切り直しの一戦に挑んだ元RIZIN王者だったが、再び2-1のスプリット判定に泣かされ、デビュー2連敗となった。

 試合は、ケイプが1Rニコラウに2度のテイクダウンを許しフロントチョークを極められそうになるも、2Rから自分のペースを取り戻し、次々とジャブ、ボディストレートなどのスピードある攻撃で形勢逆転。勝負の3Rでは、序盤に手数が増えたニコラウのカウンターを何度か被弾するも、残り1分にヒザ蹴りを2発も決め、ニコラウに大きなダメージを与えた。

 試合後、勝利を確信したケイプはすぐに両拳を突き上げてアピール。しかし、判定が読み上げられ、自分が敗れたことを知ると、納得のいかない表情で周囲に抗議のゼスチャーを見せた。

 大会後、ケイプは自身のSNSツイッターとインスタグラムに抗議とも取れる内容のメッセージを投稿。
 参加ユーザーの投票スコア集計の結果を基にその試合の判定スコアカードを作成する「VERDICT MMA」が出した判定結果を掲載し、1Rはニコラウに取られたものの、2R、3Rをケイプが取り、トータルでケイプのスコアが上回っていることをアピールした。

 加えて、ESPNなどの複数の海外メディアが全て、ケイプの勝利を支持していることを示し、「事実に対して議論の余地はない。UFCのジャッジ陣、おめでとう!君たちの勝利だ」と、皮肉たっぷりのメッセージを記載した。

 それに対し、コメント欄はケイプの“勝利”に同意する意見がほとんどであったが、その一方で「KOすべきだった」「試合で圧倒できなかったのなら、そんな投稿しなくても」「前戦よりは良かったが、待ち過ぎだ。もっと手を出すべきだった」「判定後にこんなのは意味がない。負けは負け。それより自分の問題を見つけ出し改善せよ」と、ファンからの愛がある故の厳しいコメントも寄せられた。

 コロナ禍の影響で、UFCは昨年末から引き続き、選手放出をし続けており、ケイプはリリースの危機に立たされているだけに、この様な“抗議”をしたのかもしれない。

▶︎次ページは、2連敗のケイプのジャッジ抗議の投稿

●編集部オススメ

・【UFC】元RIZIN王者ケイプが僅差で痛恨の2連敗、勝利を確信するもスプリット判定に泣く

・【UFC】正念場の元RIZIN王者ケイプ、連敗回避へ「もっと激しく戦う!」ヌルマゴとの練習には”幸運”

・マネル・ケイプと朝倉海が乱闘寸前の挑発合戦

・【UFC】衝撃の“22秒”ワンパンKO!顔面骨折からの復活男に再び“悲劇”が襲う

・【UFC】“目突き”でメイン試合がノーコンテストに! その瞬間写真にグローブ改良の声も

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧