TOP > 試合結果 一覧

【UFC】“目突き”でメイン試合がノーコンテストに! その瞬間写真にグローブ改良の声も

2021/03/15(月)UP

右目から血を流しながらノーコンテスト判定で悔しい表情を浮かべるムハマッド。(ESPNMMA公式SNSより)

 3月14日(日・日本時間)に米ネバダ州ラスベガスで開催された「UFCファイトナイト・ラスベガス21」のメインイベントが、偶発的な“目突き”によるノーコンテストに終わった。

 現在8連勝と波に乗るウェルター級3位のレオン・エドワーズ(ジャマイカ)と、19年9月に佐藤天に一本勝ちを収め現在4連勝中のベラル・ムハマッド(米国)の一戦。この対戦の勝者が、次のウェルター級タイトル戦の挑戦権を手にするのでは、と注目を集めていた。

 しかし2R序盤、お互いパンチを交差する中、ムハマッドが突然叫びながらマットに倒れ込む。右目を押さえながら痛みを訴えるムハマッド。

終始、試合を優勢に進めていたエドワーズ(左)(©Getty Images/UFC)

 スロー再生で確認すると、エドワーズが左ミドルを蹴る際、牽制で前に突き出した左手の指先が、ムハマッドの右目に入っている。
 最終的に、エドワーズの偶発的な目突きであると判断されたが、ムハマッドが試合続行不可能のため、勝敗なしのノーコンテストの結果に終わった。

 エドワーズは試合後のインタビューで「ベラル(ムハマッド)には謝罪したい。ワザとじゃない。自分が蹴るタイミングで、彼も踏み込んだので、(距離が近づき)当たってしまった」と発言。

目突きの瞬間を捕らえた衝撃写真、中指が目に入り下まぶたをえぐる

(ホワイト社長の公式SNSより)

 対するムハマッドも自身のSNSで「自分にとって最初のメインはこんな形に終わり、心が傷ついている。ファンには申し訳ない。視野も戻ったし、一生治らないダメージではない。また、戻ってくるよ」とコメントした。

 UFCのダナ・ホワイト社長は大会後、この“目突き”の瞬間を撮影した写真を自身のSNSに掲載すると「ムハマッドには早く回復してほしい」「グローブを改良すべき」などの意見が多数。

 すると、PRIDEK-1で活躍したMMAレジェンドのゲーリー・グッドリッジが「みんな、これは戦い。傷つくものなんだ。行為は明らかに意図的ではなかった。トラブルはつきものさ。我々(ファイター)はそれを承知の上で戦っているんだ」と、プロ選手の覚悟を代弁した。

●編集部オススメ

・【UFC】元RIZIN王者ケイプが僅差で痛恨の2連敗、勝利を確信するもスプリット判定に泣く

・【UFC】反則負けで王座陥落のピョートル・ヤン「故意ではない」と主張、歓喜の新王者に「恥ずかしい行為、彼は偽物だ」と激怒

・【UFC】デビュー2連勝狙う村田夏南子に早くも“強敵”登場、次戦の相手は柔術黒帯の強豪ランカーに決定か=6.19

・中東で起きた“体がくの字に曲がるバスター”失神KO劇「落とす角度がヤバイ!」と慄然の声(動画あり)

・90kg超の巨漢が舞う戦慄の48秒“竜巻旋風脚”KO劇!「相手が壊されてる!」と驚愕の声

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧