TOP > ニュース 一覧

【UFC】再起のコスタがインフル感染で欠場、元王者ウィテカーがガステラムと激突=4.18

2021/03/17(水)UP

アデサニヤ(右)に顔面前蹴りををもらうコスタ(左)インフル感染で欠場

 4月18日(日・日本時間)に開催される『UFCファイトナイト』メインイベントのミドル級マッチで元ミドル級王者でランキング1位のロバート・ウィテカー(30=オーストラリア)と対戦する予定だった、同ランク2位のパウロ・コスタ(29=ブラジル)が、インフルエンザ感染により、欠場することが分かった。

 コスタの代役として、同ランク8位のケルビン・ガステラム(29=米国)が急遽参戦することとなった。

ロメロ(左)の顔面に前蹴りをヒットさせるウィテカー(右)

 剛柔流空手をベースにするウィテカーは12年にUFCに参戦。17年7月のミドル級暫定王座決定戦でヨエル・ロメロに勝利し、オーストラリア人初のUFC世界王者に輝いた。19年にイスラエル・アデサニヤと同級王座統一戦を争い、KO負けで王座陥落。しかし、昨年は2戦全勝と波に乗っている。

 対するガステラムは豪腕で知られる実力者。19年4月のアデサニヤとのミドル級暫定王座決定戦で敗れるなど3連敗していたが、今年2月にイアン・ハイニッシュを判定で下し、復活をアピールしていた。

 ウィテカーとガステラムは過去、19年2月にタイトル戦を行う予定だったが、その際にウィテカーが試合当日に腸ヘルニアで欠場し中止となっていた。

強烈なパンチでビスピン(右)をマットに沈めたガステラム(左)

 また、コスタは昨年9月の『UFC253』で王者アデサニヤとのタイトル戦に挑んだが、2R TKOで敗れていた。当時、アデサニヤは19戦無敗、コスタは13戦無敗と、共にパーフェクトレコードを掲げての対戦とあって、ミドル級頂上決戦と大きな注目を集めたが、結果はアデサニヤの完勝。コスタは4月のウィテカー戦で、再起を狙っていた。

 

●編集部オススメ

・【UFC】アデサニヤがコスタとの無敗対決を制しV2達成

・【UFC】ミドル級頂上決戦の敗戦理由は“二日酔い”!?敗れたコスタが衝撃告白

・【UFC】元王者ウィテカー、再起戦で復活勝利

・【UFC】ミドル級王者アデサニヤが“プロレス転向”に興味あり「WWEのスーパースターが夢だった」

・ミルコ・クロコップが“激似”18歳息子とのツーショット写真掲載「若い頃の写真かと思った」ファン騒然

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧