TOP > ニュース 一覧

【K-1】念願の王者となった椿原龍矢「最強の江川選手に勝てた」今後は「皆が思う最高な選手に」

2021/03/22(月)UP

王座を戴冠した椿原

 3月21日(日)東京ガーデンシアターで開催された『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K’FESTA.4 Day.1~』。同大会のメインイベントで、王者・江川優生(23=POWER OF DREAM)を下して、第4代K-1 WORLD GPフェザー級王者となった、椿原龍矢(21=月心会チーム侍)が試合後のインタビューに応じた。

 試合は、序盤から前に出る江川に、椿原がカウンターのヒザ蹴りや左右のミドルを合わせていく展開に。3Rまで一進一退の展開となり、本戦ではジャッジ1名が椿原を支持したが、他2者がドローの裁定で延長戦に。前進を止めない江川に、最後まで右前蹴りやカウンターのパンチで対抗し続け、判定1-2で椿原が勝利。江川に2連勝で念願の世界王者に就いた形となった。

 念願の王者となった椿原は、笑顔で会見場に姿を現して「(江川は)やっぱり強くて、倒せなくて、僕もまだまだ強くなれると思います。とにかく今日は、最強の江川選手に勝ててよかった」と安堵の表情を浮かべた。

 再戦となる今回は、江川の圧力や強さを前回より感じたという椿原。前回の足の怪我で満足な動きが出来ていなかった江川と比べて、その圧力は桁違いだったようだ。「オーラも風格も圧力も、今日上がってて、それを経験出来ました。めちゃめちゃ強くなれたと思います」と、今回の試合をきっかけに実力が付いた実感がある。

 勝因については「前回は、本当に勝つためだけにヒットアンドアウェイやったけど、今回は僕はマジで倒しに行ったので、ちょっとはそれで嫌がってくれたのかな」と自身の打撃の威力と認識。

 いつもは、リラックスした表情で入場する椿原だが、今回は緊張していた。「めちゃめちゃ今までにないくらい緊張していて、1Rは動きが固かったんちゃうかな。最高の舞台で、メインで楽しませてもらって、これは楽しまないと損やなと、笑うしかないで、と思っていました」と必死に笑顔を作って、戦いに挑んだ。

 江川対策は、椿原の予想通りにハマった。「前よりガンガン出てくると思ってましたし、カーフキックも頭に入れていた。想像をしていたことをしてきた。(パンチを)食らう想像まではしてなかったので、ダメージもあったけど、対策はやって正解だったと思います」としっかりとした対策が、勝利に結びついた。

 さらに「色も華もない言われて『(リングで)黙って見ててくれ』と言いましたけど、色んな人の意見もらっての選手です。『倒せるのが面白い』と思ってる人がおるなら、倒せるように頑張ります。(皆さんの意見を)参考にさせてもらうので、みんなが思う最高な選手になりたいです」と今後の豊富を述べる。

 最後に「フェザー級王者になりました。これからは追われる立場と思ってないし、守るじゃないし、全選手叩き落としていくつもりで戦っていきます。今よりもっと強くなります」とファンに語りかけた。

 王者となった若き21歳の椿原、果たして今後、K-1のリングでどのような試合を見せてくれるか、王者としての成長にも期待したい。

●編集部オススメ

・【K-1】椿原龍矢が新王者に、江川優生は捕まえ切れず被弾許し王座陥落

・【RIZIN】浜崎朱加が浅倉カンナの猛攻を振り切り初V「メチャクチャ強くなっていた」と浅倉を称賛

・【RIZIN】榊原代表が皇治vsシバター戦に言及「カードとして有りだが皇治は2連敗、その前に」と一戦を提案

・【RIZIN】スダリオ剛、秒殺KO後の大荒れの理由は宮本の”ゴング前の突進”

・【K-1】大田区総合体育館へ初進出、5月23日に開催決定

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧