TOP > ニュース 一覧

【パンクラス】元修斗世界王者・松本光史が“豪腕”アキラと激突、“前田日明”推薦Ryoが3連勝狙う=5.30

2021/03/24(水)UP

5.30パンクラス、松本とアキラが激突

 5月30日(日)に東京・新木場スタジオコーストで開催される今期ナンバーシリーズ開幕戦『PANCRASE 321』の対戦カードが発表された。

 ライト級マッチにて、元修斗世界ライト級王者の松本光史(37=M PLATIC)とフェザー級4位のアキラ(34=武蔵村山さいとうクリニック/&mosh)が対戦する。

 松本は16年に第12代修斗世界ウェルター級王座(後に階級名称変更のためライト級)を獲得、18年にはRIZINにも出場したがダロン・クルックシャンクにKO負け。19年に修斗世界ライト級王座防衛戦でKO勝利し2度目の防衛に成功したが、同年10月のONE両国大会では現ライト級キング・オブ・パンクラシストの久米鷹介に判定負け。

上迫(左)にパンチを振るう松本(右)

 昨年2月に修斗の世界王座を返上し、パンクラスへ電撃移籍。同年10月に元DEEPフェザー級王者の上迫博仁に判定勝利を収めた。

 対するアキラは修斗でプロデビューし、当時の師匠である五味隆典譲りのアグレッシブな豪腕ストライカーとして活躍。2013年からはパンクラスを主戦場に活躍している。

 バチバチの殴り合い必至の一戦、ライト級タイトル戦に近づくのは、果たして松本か、アキラか。

元アウトサイダー王者Ryoが3連勝目指し、透暉鷹と対戦

 また、パンクラスデビュー3連勝を目指す第3代アウトサイダー70-75kg王者のRyo(RINGS)がフェザー級マッチで19年修斗新人王の透暉鷹(24=ISHITSUNA MMA)と対戦する。

 Ryoは前田日明が代表を務めるアウトサイダーを主戦場にした強豪。16年3月大会で当時アウトサイダー 65-70kg王者の朝倉未来と対戦、2Rにギロチンチョークを仕掛けた際、朝倉の反応がないことから主催者のタオル投入によりTKO勝利を収めた。しかし試合後、その判断に納得がいかなかったRyoからの申し出によりノーコンテストとなった。

 それから約4年後の昨年10月、前田の推薦選手として参戦し、30戦以上の戦績を持つベテランの滝田J太郎に勝利。12月の林優作戦も初回一本勝ちを収めた。

 このほか、フェザー級マッチで遠藤来生(29=Power of Dream Sapporo)と中川皓貴(24=総合格闘技道場 reliable)の対戦も決まった。

☆この大会の対戦カード、スケジュール、チケット情報はこちら

●編集部オススメ

・【パンクラス】王者ISAOと最強チャレンジャー中島太一が激突、21年はフェザー級タイトル戦で開幕=5.30新木場

・【パンクラス】元ボクシング世界3階級制覇王者・ライカvsインド王族武術・法DATEの23歳差マッチ、45歳“鉄人”近藤有己も参戦=5.30

・【パンクラス】”モモンガ博士”翔兵が王座返上、フライ級暫定王者トーナメント開催決定=5.30

・【パンクラス】ストロー級次期挑戦者決定戦に八田亮vs宮澤雄大、ネオブラ優勝者対決も=5.30

・英国で起きた悲劇のKO負け!叫びながら42発の怒涛の攻撃も、相手の1発で水の泡=海外MMA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧