TOP > ニュース 一覧

【K-1】メイン武尊とレオナが完璧な仕上がりで計量パス、本戦全選手は計量を1回でパス=K’FESTA.4

2021/03/27(土)UP

武尊(左)とレオナが一発計量パス

 3月28日(日)東京・日本武道館で開催される『K’FESTA.4 DAY.2』の前日計量が、27日(土)都内にて12:00より行われ、本戦出場全選手が計量を1回目でパスした。

 明日のメインイベントで行われる「K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級タイトルマッチ」で対戦する王者・武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)と、挑戦者・レオナ・ペタス(THE SPIRIT GYM TEAM TOP ZEROS)は両者とも計量を1回目でパス。完璧な仕上がりでリミット60kgをジャストでクリアした。

バキバキの腹筋でマッスルポーズを決める武尊

 運命のタイトルマッチを制するのは、絶対王者の武尊か、最強挑戦者のレオナか。真っ向勝負の激闘は明日のゴングを待つのみとなった。

 セミファイナルの「K-1 WORLD GP クルーザー級タイトルマッチ」で対戦する王者・K-Jee(K-1ジム福岡チームbeginning)はリミット90kgで89.5kg。挑戦者・シナ・カリミアン(POWER OF DREAM)は90kgジャストで、共にパスした。

レオナもバキバキに仕上がった肉体で計量パス

 このほか、プレリミナリーファイトの選手1名を除く出場選手が計量をパス。同選手は到着遅れにより、14時までの再計量に望みをかけることになった。

〈全計量結果はこちら〉

▼メインイベント(第19試合)【フュディアルクリエーション Presents】K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級(-60kg)タイトルマッチ/3分3R・延長1R
武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/王者)→60.0kg
vs
レオナ・ペタス(THE SPIRIT GYM TEAM TOP ZEROS/挑戦者)→60.0kg

K-Jee(左)vsカリミアンもタイトル戦へ計量パス

▼セミファイナル(第18試合)K-1 WORLD GP クルーザー級(-90kg)タイトルマッチ/3分3R・延長1R
K-Jee(K-1ジム福岡チームbeginning)→89.5kg
vs
シナ・カリミアン(POWER OF DREAM)→90.0kg

▼第17試合  【眠活ヘッド整体Dr. HEAD Presents】スーパーファイト/K-1ヘビー級(無差別)/3分3R・延長1R
京太郎(チーム京太郎)→105.4kg
vs
実方宏介(真樹ジムAICHI)→117.2kg

▼第16試合 スーパーファイト/K-1 クルーザー級(-90kg)/3分3R・延長1R
愛鷹 亮(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)→89.7kg
vs
ANIMAL☆KOJI(LEGION TOP TEAM)→89.7kg

▼第15試合 スーパーファイト/K-1スーパー・ウェルター級(-70kg)/3分3R・延長1R
城戸康裕(谷山ジム)→69.8kg
vs
松下大紀(BELIEVE MAN)→69.5kg

▼第14試合 スーパーファイト/K-1ライト級(-62.5kg)/3分3R・延長1R
ゴンナパー・ウィラサクレック(タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム)→62.4kg
vs
南雲大輝(八光流柔術総本部)→62.4kg

▼第13試合 スーパーファイト/K-1 ウェルター級(-67.5kg)/3分3R・延長1R
野杁正明(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)→67.3kg
vs
プライチュンポン・ソーシーソムポン(タイ/GTジム)→67.0kg

▼第12試合 スーパーファイト/-56kg契約/3分3R・延長1R
玖村将史 (K-1ジム五反田チームキングス)→56.0kg
vs
ダウサコン・モータッサナイ(タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム)→55.9kg

▼第11試合 スーパーファイト/K-1ライト級(-62.5kg)/3分3R・延長1R
篠原悠人(DURGA)→62.0kg
vs
西京佑馬(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)→62.4kg

▼第10試合 スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級(-60kg)/3分3R・延長1R
横山朋哉(リーブルロア)→60.0kg
vs
佑典(月心会チーム侍)→59.8kg

▼第9試合 スーパーファイト/K-1スーパー・バンタム級(-55kg)/3分3R・延長1R
金子晃大(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)→55.0kg
vs
鬼山桃太朗(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)→55.0kg

▼第8試合 スーパーファイト/K-1 スーパー・フェザー級(-60kg)/3分3R・延長1R
島野浩太朗(菅原道場)→60.0kg
vs
三輪裕樹(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)→60.0kg

▼第7試合 スーパーファイト/K-1 スーパー・ウェルター級(-70kg)/3分3R・延長1R
小鉄(K-1ジム琉球チーム琉神)→70.0kg
vs
アビラル・ヒマラヤン・チーター(志村道場)→69.6kg

▼第6試合 K-1スーパー・ウェルター級(-70kg)/3分3R・延長1R
MIKE JOE(BATTLE FIELD/TEAM J.S.A)→72.2kg
vs
EITO(Respect All Fear None)→72.6kg

▼第5試合 K-1 フェザー級(-57.5kg)/3分3R・延長1R
玖村修平(K-1ジム五反田チームキングス)→57.5kg
vs
鷹大(WSRフェアテックス西川口)→57.3kg

▼第4試合 スーパーファイト/K-1 女子ミニマム級(-48kg)/3分3R・延長1R
高梨knuckle美穂(Y’ZD GYM)→48.0kg
vs
MARI(ナックルズGYM)→47.6kg

MIO(左)vs山田真子も計量パス

▼第3試合 スーパーファイト/女子-46kg契約/3分3R・延長1R
MIO(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)→45.6kg
vs
山田真子(KINGS)→45.4kg

▼第2試合 スーパーファイト/K-1 ウェルター級(-67.5kg)/3分3R・延長1R
海斗(ポゴナ・クラブジム)→67.5kg
vs
寧仁太・アリ(K-1ジム総本部チームペガサス)→67.5kg

▼第1試合 【非常識な投資家M Presents】スーパーファイト/K-1ライト級(-62.5kg)/3分3R・延長1R
弘輝(team ALL-WIN)→62.5kg
vs
龍華(TANG TANG FIGHT CLUB/team JOKER)→62.5kg

【プレリミナリー】
[プレリミナリーファイト第5試合/K-1フェザー級(-57.5kg)/3分3R]
倉崎昌史(GET OVER)→57.2kg
vs
髙橋直輝(若獅子会館)→57.1kg

[プレリミナリーファイト第4試合/K-1スーパー・フェザー級(-60kg)/3分3R]
提髪和希(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)→60.0kg
vs
児玉兼慎(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)→60.0kg

[プレリミナリーファイト第3試合/K-1スーパー・ライト級(-65kg)/3分3R]
稲垣柊(K-1ジム大宮チームレオン)→65.0kg
vs
清水卓馬(K-1ジム川口TEAM SIRIUS)→到着遅れで計量せず ※14時まで再計量

[プレリミナリーファイト第2試合/K-1女子ミニマム級(-48kg)/2分3R]
ケイト・ウィラサクレック(WSRフェアテックス三ノ輪)→47.3kg
vs
美伶(WARRIOR OSAKA)→47.3kg

[プレリミナリーファイト第1試合/K-1ライト級(-62.5kg)/3分3R]
羽鳥仁(TEAM BIRD)→62.3kg
vs
鈴木孝司(K-1ジム五反田チームキングス)→62.5kg

●編集部オススメ

・【K-1】3.28試合順決定、武尊vsレオナをメインに全19試合=日本武道館

・【テレビ】武尊vsレオナほか、3.28『K-1~K’FESTA.4 Day.2~』生中継・放送・3.28情報=日本武道館

・【K-1】武尊の猛練習に青木真也が驚愕、試合は何と猪木イズム!青木は「風車の理論だ」

・【K-1】武尊vsレオナ、佐藤嘉洋がレオナ勝利を予想「相性がいい、武尊は何回もアゴを上げられる」

・【K-1】武尊、最強の挑戦者レオナ戦に”全集中”、天心戦の実現には「僕や天心選手の言葉だけを信じて」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧