TOP > ニュース 一覧

【K-1】武尊にKO負けのレオナ・ペタス「失神で何も覚えてない」打ち合いは「気持ち出た」

2021/03/28(日)UP

試合後インタビューに応じたレオナ

 3月28日(日)東京・日本武道館で開催された『K’FESTA.4 DAY.2』の「K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級タイトルマッチ」で、王者・武尊(29=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)に挑み、2RでKO負けを喫した、Krush同級王者のレオナ・ペタス(28=THE SPIRIT GYM TEAM TOP ZEROS)が、試合後インタビューに応じた。

 会見に姿を現したレオナは「失神したので何も覚えてないですね。失神させられたので、(武尊選手は)めちゃめちゃ強かったのだと思っています」と語った。

果敢にパンチを放つレオナ(左)

「覚えているところはどこまでなのか」と聞かれると「1R、(武尊が)インローを嫌がってるとセコンドから聞いていました。でも(最初の左フックで)ダウン貰ったのが、やばかったっぽくて、インターバル戻っても、回復していない状態でしたね」という。

 勝負の分かれ目となったのは、やはり1Rの武尊の渾身の左フック。これにバッタリと倒れたレオナは、そのダメージを引きずり、2Rも果敢に打ち合うが KO負けした。

 KO負けという形で、レオナの挑戦は幕を閉じたが「しっかりとした準備は出来ていて、負けてしまったけど、嘘もなくやったので恥じることはないのかなと思います」と清々しい表情を見せた。

敗戦したレオナは涙を見せた

 しかし、念願のベルトに届かなかったことについては「K-1王座戴冠という、母との約束を守れなかった。悔しいですね。めちゃめちゃ悔しいですね。お母さんのためにベルトを取ると思っていたので悔しいですね」と悔しさを滲ませた。

 打ち合いに強い武尊と真っ向勝負を演じたレオナ。それは作戦にあったのかと聞かれると「打ち合ったんですかね。気持ちが出たのかなと思います。(試合展開は)普段やってる感じでやろうと思っていた」とコメント。本来は打ち合うつもりはなく、いつも通りに相手の様子を伺いながら、戦う予定だったが、果敢に殴り合った。

 武尊も試合後に、右の拳を打つつもりはなかったが、「作戦を無視して打ち合いに行きました」と語っている。両者がリングで向かい合う中で、”打ち合いの展開”に至るまでに、何か感じたものがあったのかもしれない。

 今後については「(K-1のベルトは)母ちゃんに巻かせると言ったので、約束は果たさないといけない。仕返ししたい、やり返したいと思ってる」とリベンジを視野に入れ、最後に「これからもK-1が盛り上がるように、もう一度頑張りますので、応援よろしくお願いします」とファンにメッセージを送った。

▶︎次ページはレオナvs武尊戦の一部動画、ダウンシーンも

●編集部オススメ

・【K-1】武尊がレオナにKO勝利! 次は夢の一戦へ、那須川天心がリングサイドで見守る

・この大会の全試合速報はこちら=3.28 K-1 日本武道館

・【K-1】武尊、レオナと打ち合ったのは何と“作戦無視”「殺されてもいい覚悟で」=試合後会見

・[本日の試合]京太郎がヘビー級ボクシングの爆速パンチでKO勝利、実方は起き上がれず

・[本日の試合]カリミアンがK-Jeeにバックハンドブローで逆転KO勝利、クルーザー級王座を奪還

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧