TOP > ニュース 一覧

【K-1】レオナと大激闘を制した武尊、勝敗の鍵とは? 魔裟斗、武尊が語る

2021/03/29(月)UP

壮絶な打ち合いをするレオナ(左)と武尊(右)

 3月28日(日)東京・日本武道館で開催された『K’FESTA.4 DAY.2』の「K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級タイトルマッチ」で王者・武尊(29=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)がKO勝利。
 対戦が期待される那須川天心がリングサイドで見守る前で、Krush同級王者のレオナ・ペタス(28=THE SPIRIT GYM TEAM TOP ZEROS)から3度のダウンを奪い2R 1分10秒で仕留めた。

 武尊は試合後にABEMA放送の「武尊選手スペシャルインタビュー」のコーナーに出演し、解説を務めた魔裟斗や佐藤嘉洋らと激闘を振り返った。

レオナ(左)の“石の拳”が武尊を襲う

 これまで多くの強豪を倒してきたレオナ選手の“石の拳”について聞かれると、武尊は「硬かったです。何回かもらって、足がカクンとなった思います。それが効いたのか、バランスを崩したのだけか、わからないですが」と自分の傷ついた顔を見せながら「拳硬いですね」と大きなダメージを貰っていたことを明かす。

 そして、そのパンチの破壊力で、戦いにも大きな支障が出たことを明かす。「視界が二重になった。この経験は初めて。視界が歪んだせいで、1Rは行こうと思っても、相手の攻撃が見えないので、勝負にいけなかった」と、レオナの“石の拳”の恐ろしさを改めて感じている様子だった。

カーフキックを放つ武尊(右)

 試合映像を見返しながら、魔裟斗は、武尊が序盤からカーフキックを連発していることを指摘し「カーフキックが勝利につながった。足を効かされると踏ん張りが効かなくなる」と、これが今回の勝負の鍵だったと明言。

 武尊自身にカーフキックのことを尋ねると「最初の2、3発で嫌がっているのが分かった。流行りに乗るのも嫌だし、自分が今までやってきたことだけで戦うのも良いんだけど、みんなの進化についていかないといけないなと思い、急ピッチで練習しました」と、K-1の絶対王者の立場にいながらも、新しい技術を身に付け、常に進化し続ける姿勢をみせた。

 魔裟斗は番組内で武尊の強さは「完成されてるけど飽くなき探求、カーフキックやウエイト、ボクシングを取り入れたり。貪欲な気持ちだ」と語っていた。現在29歳だがその姿勢がさらに強さを伸ばしているようだ。

 また、試合後の会見では、自身はフック系の選手でレオナはストレート系と説明し「打ち合うのは、危ないかなと思って、右は振らないのが作戦だった。でも、この人と打ち合いたいという気持ちになった」と作戦を無視してまで打ち合いに行った。さらに「その覚悟、殺されてもいい覚悟で行った結果」と命をかけるほどの覚悟、勝敗はその覚悟の差であるとも語っていた。
 練習の貪欲な気持ちと命をかける覚悟、那須川天心戦の実現が期待される。

▶︎次ページは武尊vsレオナの動画、武尊のカーフ、レオナの石の拳を武尊が被弾

●編集部オススメ

・【K-1】武尊がレオナにKO勝利! 次は夢の一戦へ、那須川天心がリングサイドで見守る

・【K-1】KO勝利の武尊「那須川天心選手と最高の試合をしたい、絶対やろうと思ってる」リングサイドには天心

・【K-1】試合結果速報中=2021年3月28日/K1 日本武道館

・【K-1】武尊、レオナと打ち合ったのは何と“作戦無視”「殺されてもいい覚悟で」=試合後会見

・【K-1】武尊vsレオナ、佐藤嘉洋がレオナ勝利を予想「相性がいい、武尊は何回もアゴを上げられる」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧