TOP > ニュース 一覧

【K-1】KO勝ちの京太郎、今後はボクシング同様にK-1でヘビー級王座狙う

2021/03/29(月)UP

試合後インタビューに応じた京太郎

 3月28日(日)東京・日本武道館にて開催される『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K’FESTA.4 Day.2~』の[K-1ヘビー級 ワンマッチ]で、実方宏介(23=真樹ジムAICHI)を2R KOで沈めた、京太郎(34=チーム京太郎)が試合後インタビューに応じた。

 試合はロー、ミドルで両者が見合う中、2R序盤に京太郎が狙い澄ました右ストレートで、豪快に実方をKOした。「色んな思いがあって、リングに立たせていただいていただきました。(ボクシングとは)違いがあって面白くて、やってなかった分、難しさもあって、蹴りも難しかったです」と久々のK-1のリングを噛み締めた。

 実方とリングで向き合った際には「怯(ひる)ませたらいける」と感じた。その感覚通りに、2Rで圧巻のKOを見せることが出来た。向き合って、相手がどのような選手なのかを見抜くことができる理由は「34歳までやってきた結果」という。

 今後については「次は、外国人とかね。僕は、ベルトはいらないですけど、K-1からの指令としては、タイトルマッチにいかないといけないと思う。ヘビー級の中で出来るのは自分だけ。後1、2戦は調整試合にしたい。正統派は武尊に任せて、違う角度からK-1を刺激できたらと思います。周りを気にせずやりたいことをやる」とコメントした。

 新生K-1には-90kg以下のクルーザー級(王者シナ・カリミアン)もある。しかし、京太郎はヘビー級にこだわりがある。現王者は身長197cmのロエル・マナート(27=オランダ)だ。

KO勝利した京太郎

「僕は日本人としてなかなか出来ないこととやりたくて、ヘビー級でしか戦ってきてないので、クルーザーの選択肢がなかった。100kgから90kgに落とすことはしたくないし、ボクシング、十何年前のK-1も、(ボクシングの)アジア太平洋もヘビー級でやってきた」とのこだわりもあり、ヘビー級で更なる高みを目指す。「まだまだ足りないです。もっと練習します」との発言も残した。

 久しぶりのK-1のリングで課題も見つかった。「(ローを蹴られると思いきや)カーフかよ思って、まあまあ痛いなと。ボクシングってジャブから入るけど、ジャブ打つとローが来る。なので、いきなりワンツーで入らないといけない。思いっきり、いきなりワンツー、右ストレートを打っていかないといけない」と今回の試合の経験で得た。

 最後に「僕の役割は、キャラも正統派から違う角度で刺激していくのが役割なので、これからそれを突いていけたらと思います。応援よろしくお願いします」と語った。ヘビー級ボクシングの驚愕なスピードとパンチ力に驚かされた今回の一戦、次戦の京太郎に早くも期待される。

▶︎次ページは京太郎vs実方戦の一部動画、ダウンシーンも

●編集部オススメ

・【K-1】京太郎がヘビー級ボクシングの爆速パンチでKO勝利、実方は起き上がれず(動画あり)

・【K-1】KO勝利の武尊「那須川天心選手と最高の試合をしたい、絶対やろうと思ってる」リングサイドには天心

・【K-1】武尊、レオナと打ち合ったのは何と“作戦無視”「殺されてもいい覚悟で」=試合後会見

・【K-1】武尊にKO負けのレオナ・ペタス「失神で何も覚えてない」打ち合いは「気持ち出た」

・この大会の全試合速報はこちら=3.28 K-1 日本武道館

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧