TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】話題のヘビー級暫定タイトル戦のKO動画が公開、パンチごとにロープへ吹っ飛ぶ=3.28

2021/03/30(火)UP

ホワイト(奥)がポベトキンをロープに吹っ飛ばし衝撃KO勝利を飾った(c)DAZN

 3月28日(日・日本時間)に英国領ジブラルタルで、WBC世界ヘビー級暫定王座戦が行われ、前WBC世界ヘビー級暫定王者の同級6位ディリアン・ホワイト(32=英国)が、現同級王者で、アテネ五輪金メダリストのアレクサンデル・ポベトキン(41=ロシア)に、4R 2分39秒 TKO勝ちを飾り、再び王座に返り咲いた。

 この勝利は衝撃的な決着として、KOシーンがTwitterで世界中に拡散された。

 両者は、今回で2度目の対決だった。1度目の対決は、昨年8月に当時暫定王者だったホワイトは、4Rまでに2度ダウンを奪い試合をリードしていたが、5Rにポベトキンの左アッパーで起死回生のダウンを喫すると、レフェリーが試合を止め、王座陥落していた。

 今回の再戦は、ホワイトは1Rから、右のオーバーハンドでポベトキンを揺さぶった。ラウンドの終わりに、ホワイトは右でもう1度ポヴェトキンをグラつかせた。

 2Rは、ホワイトが強烈な拳を何度も打ち込むと、ポベトキンは踏みとどまり強打を返す。だが、3Rにホワイトが強烈な右のカウンターをヒットさせ、これで完全に試合のペースを掴んだ。

KO勝利したホワイト(C)DAZN

 4R、ついに試合が大きく動く。終盤に、ホワイトの右ストレートがポベトキンにクリーンヒット。これに、ポベトキンがぐらつき、ロープにもたれかかるようにしてダウン寸前に。続いて右フックがヒットし大きく後退、さらに、ホワイトが渾身の左フックを見舞うと、ポベトキンがロープを背にして、ダウン。何とか立ち上がったポベトキンだが、様子を見てレフェリーがストップした。

 マッチルームのエディ・ハーン・プロモーターは、ホワイトを前WBC王者ディオンテイ・ワイルダー(35=米国)と対戦させたい意向を示した。

▶︎次ページ(動画)は、ホワイトのロープへ吹っ飛ばす衝撃KOシーン

●編集部オススメ

・【ボクシング】井上尚弥6.19ラスベガスが濃厚、場所確定で正式発表へ=IBF1位ダスマリナス戦

・モデルボクサー高野人母美が“冷感マスク”のモデルに=夏のコロナ対策

・【ボクシング】タイソン、プロモーターとトラブルか!? ホリフィールド戦は5.29「実現を確信している」

・【ボクシング】京口紘人、相手が右フック自爆で戦闘不能に TKOでV3達成

・【ボクシング】木が倒れるような衝撃KO、起き上がりに何度も転倒=WBO欧州王座戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧