TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】マニー・パッキャオとWBO王者クロフォードが6.5対戦で交渉

2021/03/31(水)UP

6月5日に対戦が計画されているクロフォード(左)とパッキャオ(右)=Photo:Naoki Fukuda

 ボクシング6階級制覇王者のマニー・パッキャオ(42=フィリピン)が6月5日に現WBO世界ウェルター級王者テレンス・クロフォード(33=米国)と対戦する方向で交渉していると31日(日本時間)米大手メディアのESPNが報じた。クロフォードが所属するトップランク社のスポークスマンが語ったという。

 パッキャオは2019年7月にアメリカ人のキース・サーマンに2-1のスプリット判定で勝利しスーパー王者のベルトを獲得したが、それ以降1年半の間ベルトを防衛しておらず、現在WBA世界ウェルター級の休養王者となっている。1月下旬の報道では、WBCライト級暫定王者であるライアン・ガルシアと4月下旬から5月にもエキジビションを行う方向とも言われていた。

 クロフォードは昨年11月15日(日本時間)、元IBF世界同級王者のケル・ブルック(34=英国)と対戦し、4R 1分14秒TKO勝利で4度目の防衛に成功。その後、勝利者インタビューで「パッキャオと戦いたい。コロナの影響で、(交渉が)上手くいかなかったが、パッキャオとの試合を組んでほしい」と、期待される2団体統一戦を要求していた。
 このカードはクロフォードが言うように決まりかけていたが新型コロナウイルスの感染拡大の影響で消滅していた。
 ブランクのあるパッキャオ、はたしてのクロフォードに勝つことができるか。戦績はパッキャオが62勝39KO7敗2分でサウスポースタイル。クロフォードはスイッチヒッターで37勝(29KO)無敗。

▶︎次ページは(動画)前戦クロフォードの強烈ジャブでロープにふっ飛びダウン、そしてラッシュでのKOシーン

●編集部オススメ

・【ボクシング】休養王者となったパッキャオ、マクレガーに代わり5月にライアン・ガルシア戦か

・【ボクシング】王者クロフォードがTKOでV4、パッキャオとの統一戦を要求

・【UFC】ヘビー級王者ガヌー、モンスター級パンチのスロー映像が公開「あの一撃で世界の全人口の半分はKOされる」「次はゴジラと戦え」と驚きの声

・【空手】二人の空手全日本女王が美ボディコンテストで対決

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧