TOP > ニュース 一覧

【ベラトール】計量パスの王者パトリシオ・ピットブル、サンチェスに「オレが地上最強、オマエを終わらせる」=前日計量

2021/04/02(金)UP

フェザー級WGP準決勝で激突する王者パトリシオ・ピットブル(左)とサンチェス(右)©️Bellator

 4月3日(土・日本時間)に米国コネチカット州モヒガン・サン・アリーナで開催される『Bellator255』の前日計量が2日に実施された。
 メインカードとなるフェザー級ワールドグランプリ準決勝に出場する、パトリシオ・ピットブル・フレイレ(33=ブラジル/王者)は144.1ポンド(約65.36キロ)で、対するエマニュエル・サンチェス(30=米国/挑戦者)は144.5ポンド(約65.54キロ)で、リミット145ポンド(約66キロ)を共にパスした。この試合はGPマッチであると同時にタイトル戦としても扱われる。
 フェイスオフでは、マスク越しの舌戦はないものの、両者は激しく視線をぶつけ合っていた。

フェイスオフするパトリシオ・ピットブル(左)とサンチェス(右)©️Bellator

 パトリシオはライト級とフェザー級のベルトを持つベラトール史上3番目の2階級制覇王者。PRIDEやUFCで活躍したヴァンダレイ・シウバやマウリシオ・ショーグンらとシュートボクセ・アカデミーで練習を積み、過去戦績の31勝のうち22試合はKOか一本で決めるなど高いフィニッシュを誇る。

 19年5月のライト級の防衛戦では、UFCに移籍したマイケル・チャンドラー(米国)を右フックからのパウンドでわずか61秒で秒殺。同年9月のフェザー級WGP1回戦ではフアン・アーチュレッタに、昨年11月の同GP準々決勝ではペドロ・カルバーリョに勝利した。

 対するサンチェスは14年からベラトールに参戦する強豪ファイター。今回のWGPでは、タイワン・クラクストン、ダニエル・ウェイチェルを破り、4強入りを果たした。
 18年11月に、パトリシオの持つフェザー級のベルトに挑戦するも判定で敗れており、今回の雪辱戦が2度目のタイトル挑戦になる。

 パトリシオは米格闘メディア「BJPENN.com」の取材で「前回の対戦からヤツはおしゃべりが過ぎる。フィニッシュされなかったことに満足しているようだ。オレが地上最強のファイターだということを証明する。今回はヤツを終わらせる」と、意気込んだ。

 このほか、ライト級マッチでマイク・ハメル(米国)と対戦する、元UFCライト級王者ハビブ・ヌルマゴメドフ(ロシア)の“従兄弟”のウスマン・ヌルマゴメドフ(ロシア)は、155.2ポンド(約70.39キロ)で計量パス。

ウェルター級マッチでジェイソン・ジャクソン(アメリカ)と対戦する、ヘンゾ・グレイシーの“甥”ネイマン・グレイシー(米国)は、170ポンド(約77.1キロ)で問題なく計量をパスした。

▶︎次ページ(動画あり)は、フェザー級WGP準決勝で激突するパトリシオ・ピットブルとサンチェスの前日計量&フェイスオフ 

●編集部オススメ

・【ベラトール】“鬼滅カラー”赤髪の渡辺華奈が“超筋肉ボディ”で計量パス、相手の筋肉美女は“蝶の衣装”で登場

・【ベラトール】2階級王者パトリシオ・ピットブルがサンチェスとの再戦に非情な“返り討ち”宣言「より暴力性が増したスゴイ戦いにする」=4.2

・【ベラトール】堀口恭司の首を狙う王者アーチュレッタ、元UFC戦士ペティスと初防衛戦で激突=5.7

・【ベラトール】ヒールフックで11秒殺、回転エルボーで失神KO、衝撃の1Rフィニッシュ映像集が公開(動画あり)

・【ベラトール】朝倉未来と同じフェザー級に“超新星”誕生!“首狩りポーズ”ウィルソンが怒涛KOで7戦全勝

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧