TOP > ニュース 一覧

【ONE】デメトリアス・ジョンソンが「4年以内の38歳までには引退」と発言、王者モラエスとのタイトル戦は“グラウンド攻防”に警戒=4.8

2021/04/07(水)UP

8日にフライ級タイトルマッチでモラエスに挑戦するジョンソン©️ONE

 4月8日(木・現地時間)にシンガポール・インドアスタジアムにて開催される『ONE:ONE on TNT Ⅰ』のメインイベント、フライ級世界タイトルマッチで王者アドリアーノ・モラエス(ブラジル)に挑戦するデメトリアス・ジョンソン(米国)が、6日に現地のシンガポールでの記者会見に参加した。

 元UFC絶対王者のジョンソンの実績から、今回の対戦で王者のアドリアーノが“アンダードッグ”の見方がされレているが、ジョンソンは「彼の持っているグラップリングスキルは素晴らしい。この階級ではすごく背の高い選手でリーチも長い。バックをとってチョークを極めてきた。逆に自分は背が低く、和田竜光はバックを取ってトライアングルを狙ってきた。それを解くのに3分使った」と、19年8月の和田戦で苦戦したことを引き合いに出しながら、アドリアーノとグラウンドで戦うことを警戒。

和田が仕掛けた“おたつロック”に苦戦したジョンソン©️ONE

 また、今大会は米国TNTの夜のライブ配信に合わせるため、シンガポールと米国の時差(15時間)の関係から午前中に開催される。この午前開催について、ジョンソンは「午前中に戦う方がいい。試合する為に(米国からシンガポールに)やってきて、ここではアメリカのタイム・ゾーンのままで生活を送っている。(シンガポール入りして)毎日午前8時ごろに練習していている。アメリカの(放送する)時間にできるだけ合わせているんだ」とコメント。

 通常、海外で試合を行う場合は、現地入りした後、時差の分だけ、自分の時間の感覚も調整しなければいけない。ジョンソンの場合、米国とシンガポールの時差が15時間のため、15時間分の時差の感覚調整を行わなければいけないのだ。しかし、今大会は一般的な午後・夜開催ではなく、米国時間に合わせた午前開催。ジョンソンはシンガポールに入っても、自分が日常生活を送る米国の時間帯で行動しているため、いわゆる時差ぼけに苦しむことはないのだろう。なので、午前中開催はむしろ好都合な訳だ。

アドリアーノ(左)vsジョンソン(右)、果たして勝者はどちらに?©️ONE

 ジョンソンは1日に配信されたMMAメディア「Fightful.com」の取材で「今は34歳だが、4年以内の38歳で現役引退したいと考えている。将来、北米プロモーションに戻ることは想像できないが、現時点では、ONEチャンピオンシップに満足している」と話している。ジョンソンが今回フライ級のベルトを獲った場合、次は2階級制覇を目指しフェザー級に挑戦するのではと期待の声が既に上がっているが、果たして、明日の試合、ジョンソンはその期待に応える戦いを見せるのか。

▶︎次ページ(動画)は、デメトリアス・ジョンソンのONEでのハイライトシーン

●編集部オススメ

・【ONE】デメトリアス・ジョンソンのタイトル挑戦は北米生中継の4月大会に、アルバレスとロッタンも参戦決定

・【テレビ・配信】デメトリアス・ジョンソンが王座挑戦『ONE on TNT 1』放送情報=4.8あさ

・【ONE】デメトリアス・ジョンソンがグラウンドで圧倒しフライ級GP制覇

・【UFC】堀口恭司、世界王座挑戦も残り1秒でDJに一本負け

・120kg巨漢ヘビー級モンスターが壮絶な秒殺KO!失神した相手に無慈悲なパウンドを追撃(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧