TOP > ニュース 一覧

【RISE】田渕神太、王者・工藤政英のローキックに”下段回し蹴り”で対抗

2021/04/10(土)UP

公開練習を行う田渕

 4月17日(土)東京・後楽園ホールにて開催される『RISE148』で、RISEフェザー級王者・工藤政英(29=新宿レフティージム)と対戦する、第2代アクセルバンタム級王者・田渕神太(21=拳聖塾)が公開練習を行なった。
 
 田渕はRISE女子を席巻する田渕涼香の実兄。フルコンタクト空手仕込みの蹴り技とアグレッシブファイトで、アクセルバンタム級とABWバンタム級の二冠を達成している。今回は、現役RISE王者である工藤との対戦に挑むことになった。工藤は強烈なボディブローとローキックを武器とする粘り強い戦いが信条の王者だ。

シャドーで左のパンチを繰り出す田渕

 田渕はスピード感のあるシャドー&ミット打ちを披露。シャドーでは、距離を確かめるように左のジャブを放ち、ワンツー、ロー、前蹴りをテンポ良く繰り出すと、その後のミット打ちでは、妹・涼香の持つミットに、キレのある打撃を打ち込んだ。

 RISE初参戦が決まり「高校生くらいからリングに立たせていただいて、東京で試合したいなと思っていた。妹と一緒にRISEという大きな舞台に立たせていただくのは、ここまで成長させていただいた師範や保護者、子供たちのおかげ。大きい舞台に立って試合をするけど、ここで満足せずに、自分らしい戦い方が出来ればと思います」とコメント。

 対戦する工藤については「試合を見させていただいて、とてもパンチも蹴りも上手くて、強いボディとローは注意しないといけない。フィジカル、技術、精神面でもとても強い選手」と分析するが「そこに負けない気持ちはある。試合までしっかり仕上げていきたいと思います」と自信を見せる。

妹・涼香の持つミットにキックを蹴り込む

 工藤といえば、強烈なローキックが持ち味で知られているが、田渕はその攻撃にも全く動じない。「(自分は)ローキックというより、下段回し蹴りで蹴ります。外側の痛みというか、中に痛みが来るような痛みがあります」と下段回し蹴りで対抗する構えだ。

 さらに「僕の気持ちの面を1番見て欲しいなと思っています。技術面よりも精神面で戦ってきたので、皆さんに見て欲しいのは、諦めずに戦って、工藤選手に勝つところを見て欲しい」とファンに見て欲しいポイントを熱弁する。

 試合展開について、田渕は「(工藤は)どんどん前に来て戦う選手。自分は離れて戦う選手ではないので、最後は気持ちのぶつかり合いになります。精神面も師範に鍛えていただいているので負けない」と熱戦を予感させるコメントを残した。

 田渕の妹の涼香は、同大会でタイトルマッチを迎える。「ここまで一緒に練習してきたので勝って欲しい気持ちはある。僕が次の涼香に繋げて、プレッシャーをかけたいと思います」とエールを送りつつ、妹にバトンを繋ぐと語った。

●編集部オススメ

・【RISE】工藤政英、田渕神太との王者対決には“カーフキック封印”宣言「普通のローにプライドがある」

・【テレビ】那須川天心「僕の格闘技人生において最も重要な発表になります」=4.10『炎の体育会TV』

・【RISE】JKチャンピオンの夢叶えた宮﨑小雪「背負って戦う」と紅絹の思い受け継ぐ

・【K-1】那須川天心、武尊の強さ評価も「僕とは真逆のタイプ」

・【RISE】8頭身JKファイターAKARI、前日計量会見で苦戦!? 宮﨑若菜のKO挑発に「甘々だった」試合で連勝目指す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧