TOP > ニュース 一覧

大道塾の新塾長に長田賢一が就任=全日本無差別4度制覇

2021/04/12(月)UP

新塾長となった長田賢一氏

 国際空道連盟 大道塾の新塾長に長田賢一氏(56=七段/仙台西支部支部長)の就任が12日発表された。

 去る43日、大道塾創始者・東孝塾長が71歳で永眠。東氏は昨年夏より末期の胃がんで闘病生活を送っていたが、生前、東孝塾長による選任に基づき、先月の314日に行われた大道塾運営会議を経て承認された。

長田氏の豪快なハイキックがヒット(13年1月の審査会にて)

 大道塾は81年に創設された顔面、投げ、関節ありのルールで、日本の総合格闘技の魁とされる。長田氏は大道塾主催の全日本無差別を4度優勝(85・86・89・92)、全日本体力別重量級では3度優勝(84・87・89)している。

 長田氏はヒットマンの異名を持ち次々と相手をマットに沈めてきた。顔面の防具スーパーセーフの面が長田氏のパンチで割れたのはあまりにも有名な話だ。この就任により、大道塾のさらなる飛躍が期待される。

♢長田 賢一(おさだ けんいち)1964518日、宮城県岩沼市出身
大道塾仙台西支部支部長。東北学院大学経済学部卒。
大道塾主催の北斗旗全日本選手権を無差別、体重別と優勝は計7度。大道塾七段

●編集部オススメ

・【訃報】大道塾塾長 東孝が死去、伝説の極真王者から総合格闘技の先駆者に

・【大道塾】63歳・東孝塾長が試合で勝利!九段を獲得、長田賢一も昇段

・【追悼】大道塾塾長・東孝の最後の取材とメッセージ

・入院中のアントニオ猪木が快方へ「これまで本当に苦しかった」カムバック目指す

・44歳ヴァンダレイ・シウバ、プロ格闘家目指す17歳息子とキックスパー!息子をボコボコに殴る蹴るも「君は父親を超える」と応援

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧