TOP > ニュース 一覧

【KNOCK OUT】10連勝を狙う安本晴翔と竹内賢一の“王者対決”が決定「ベルトが欲しい」(竹内)=5.22

2021/04/14(水)UP

KNOCK OUT-REDフェザー級王者の安本晴翔と対戦するBigbangフェザー級王者の竹内賢一

 5月22日(土)東京・後楽園ホールにて開催される『KNOCK OUT 2021 vol.3』の記者会見が14日、都内にて行われた。

 KNOCK OUT-REDフェザー級王者の安本晴翔(20=橋本道場)と、Bigbangフェザー級王者の竹内賢一(23/試合時は24=TEN CLOVER GYM世田谷)によるスーパーファイトの対戦が発表された。ヒジ有りのKNOCK OUT-REDフェザー級(3分3R・延長1R)での試合となる。

大学3年生の安本が授業の関係で欠席。竹内(左)が出席した。

 安本は、現在9連勝の快進撃。今年1月のREBELS・KNOCK OUT年間表彰式では2020年MVPを獲得しており、3月の『KNOCK OUT ~The REBORN~』では、タイ人強豪のペットシラーをバックスピンキック一撃で衝撃のKO勝利を飾った。

 対する竹内は今年3月に開催された『Bigbang-統一への道-38』でのフェザー級王座決定戦で、龍斗に判定2-1で競り勝ち、新王者に輝いた。

3月のペットシラー戦、バックスピンキックでKOする安本(右)

 大学3年生の安本は授業の関係でこの日の会見を欠席。「相手の竹内選手は蹴りが上手いので、気を付けたい。圧倒して勝つことを目指す。初めて、(同門の白幡)裕星と同じ大会に出るので、裕星に負けない試合をする」と、代わりにメッセージが読み上げられた。

 対する竹内は「初参戦でいきなりチャンピオンとやらせてもらうので、とても楽しみ」と喜ぶも、安本の印象を「ヒジありルールで負けがなく、国内で一番強い。これまで、ヒジ、蹴り、パンチで倒しているし、国内ナンバーワンの選手」と、警戒した。

 今回は王者対決となるが「ビッグバンのベルトを獲って、一発目(の試合)なのでこれで負けたら、ビッグバンのベルトの価値が下がる。相手はチャンピオンなのでやる気が上がる」と、一歩も引く気はない。

 安本と無敗の超新星・龍聖とのライバル対決が話題となっているが、竹本はそのことに触れ、「(もし今回)僕が勝っちゃったら、KNOCK OUT的にはまずいと思うが、(自分の試合を)見て欲しい」とニヤリ。今後の抱負も「KNOCK OUTのベルトが欲しい」と、野心を見せた。

●編集部オススメ

・安本晴翔がバックスピンキックで一撃KO勝利、強豪タイ人が悶絶

・【KNOCK OUT】18歳最年少王者・白幡裕星と元ボクシング日本王者の悠斗が激突!まさかの“打ち合い”拒否も「KO狙って倒す」(白幡)=5.22

・【KNOCK OUT】”齧り付きたいお尻” 来栖うさこラウンドガールデビュー”バックスピンKO”が印象的!

・【KNOCK OUT】バズーカ巧樹vs大谷翔司を王者7人が予想「今回も激闘になると思ってます!」(ぱんちゃん璃奈)=4.25

・美ボディコンテスト優勝の落合真彩がK-1新ラウンドガールに決定、優雅なポージングもプラスか

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧