TOP > ニュース 一覧

【スックワンキントーン】1年半ぶり復帰の細田昇吾が石井一成の甥・寿来と対戦、ライト級トーナメントでリクvs睦雅が激突

2021/04/24(土)UP

細田(左)が1年半ぶりの復帰戦、相手は石井一成の甥・石井寿来(右)

 6月3日(木)東京・新宿FACEにて開催される『スックワンキントーン』の対戦カードが発表された。

 メインイベントにフライ級王者・細田昇吾(ビクトリージム)が登場。石井一成の甥・石井寿来(ウォーワンチャイプロモーション)を迎えるワンマッチに挑む。

 細田は早稲田大学法学部卒のエリートキックボクサー。19年11月に儀部快斗との王座決定戦を制し、スックワンキントーンフライ級王座を獲得した。昨年3月にジャパンキック興行に出場予定だったが、新型コロナウイルスの影響により大会が中止に。以来試合から遠ざかっていたが、今回約1年半ぶりの復帰戦を迎える。

スックワンキントーン王者の細田の右フック

 対する石井は”西の神童”石井一成の甥で、幼少期よりジュニアキックで腕を磨き、48勝14敗1分の戦績を残したエリート。中学一年生の頃にタイに渡り、19年3月にはルンピニースタジアムでの初陣を勝利で飾っている。今年3月には『KROSS×OVER』に出場し2R KO勝利。4月24日には『NJKF拳之会主催興行』への出場が決まっている。

 セミファイナルはスックワンキントーンライト級トーナメントの一戦。リクシッソー(トースームエタイジム)と睦雅(ビクトリージム)が激突する。

ライト級トーナメントに元WMC王者リク(左)が参戦、初戴冠を狙う睦雅(右)と激突

 リクは元WMC日本スーパーフェザー級王者の肩書きを持つ強豪。18年9月にキョウヘイ・ゴールドライフジムを下しWMC王座を獲得した。しかし19年12月の初防衛戦で梅沢武彦の右ヒザ蹴りを浴び、4R KOで王座陥落。約1年振りの試合となった昨年11月には、林瑞紀をTKOで下し再起を果たしている。

 対する睦雅は8戦6勝(3KO)2敗の戦績を持つビクトリージムの新鋭。前戦は今年3月のスックワンキントーンで飯島直己に2R KO勝利。昨年11月に続く連続KO勝利を飾っている。

 なお、この一戦の勝者は、6月13日後楽園大会で行われるトーナメント戦の勝者とタイトルマッチを行う予定となっている。

<決定対戦カード>
▼メインイベント 51.5kg契約 3分3R ムエタイルール ワンマッチ
細田昇吾(ビクトリージム/スックワンキントーン フライ級王者)
vs
石井寿来(ウォーワンチャイプロモーション)

▼セミファイナル スックワンキントーン ライト級トーナメント
リクシッソー(トースームエタイジム)
vs
睦雅(ビクトリージム)

●編集部オススメ

・【KNOCK OUT】ぱんちゃん璃奈、計量直前に試合が延期で涙のカップ麺「この2日、塩分取ってなかった」切実な想い語る

・【RIZIN】皇治「負けてるのに大阪メインの同情不要、実力で奪う」キックトーナメント提案

・【RISE】KO重ねるS.フェザー級1位の一馬が元ルンピニー&ラジャ王者のノラシンと対戦決定

・【ボクシング】現役復帰に挑む48歳デラホーヤが“キレキレ”ミット打ち映像を公開、20万回再生映像に「ゴールデンボーイ復活、まさに野獣だ!」と驚きと応援の声多数

・【RIZIN】矢地祐介「今年は国内王者を倒していく」修斗世界王者・川名雄生と対戦決定、白川陸斗は青井人と対戦=5.30大阪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧