TOP > ニュース 一覧

【K-1】武尊が後輩・橋本実生に「ポテンシャルを見せろ!」と檄、正念場の橋本は「勝たないと本当に終わり、何が何でも優勝」=5.23

2021/05/03(月)UP

公開練習でスパーリングした武尊(左)と橋本実生(右)

 5月23日(日)東京・大田区総合体育館で開催される『K-1 WORLD GP 2021 K-1バンタム級日本最強決定トーナメントに出場する橋本実生(21=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)の公開練習が、3日(月・祝)所属ジムにて行われた。

 この日の公開練習では同門の武尊と2分1Rの軽めのスパーを行った橋本だが、「気を遣わずにポテンシャルを見せろよ」という武尊の一言でスパーは延長ラウンドに突入。「練習の時はガンガンやれますが、やはり公開練習だとやり辛い」という橋本は後手に回る形で攻撃を返していった。

右ミドルを蹴る武尊(左)

 自身のポテンシャルを隠したまま公開練習を終えた橋本は試合のコンディションを聞かれると「調子は今でもいいんですが、これからもっと上げていき最高の状態に持っていきます」という。

 今回のトーナメントに関して特別なアドバイスは伝えていないという武尊は「練習の時はアドバイスはしているので、試合ではその積み重ねになります。トーナメントではやるべきことはあるのですが、ワンマッチだと思って1試合ずつやるしかありません。そうやることで普段やらないといけないことと一致します。秘策は後でこっそり教えておきます」とニヤリ。

左ミドルを放つ橋本実生(右)

 橋本は19年にABEMAの企画『格闘代理戦争』で「TEAM武尊」のエースとして活躍。同年9月にプロデビューして以来『Krush』で実績を積み、2020年12月の第6代Krushバンタム級王座決定トーナメントでは決勝で吉岡ビギンに敗れ、準優勝の結果を残した。

 武尊はその橋本のポテンシャルについて聞かれると「Krushのトーナメントに出ていた時と比べ物にならないぐらい、今は強くなっていますし、元々ポテンシャルも高かった。若手の中でも練習を凄くやる方で、気持ちの面でもむちゃくちゃ強い。プロデビューしてつまづいた時もありましたが、そういう挫折を経験したからこそ、そういうところに戻りたくないという悔しさがあり、もっと高いところに行けると思うんです。僕もデビューして6戦目でKO負けして、そこで一回(格闘技を)辞めようと挫折を経験しました。それを経験している選手は強い。実生はKrushのトーナメント決勝戦で吉岡選手に延長戦で負けましたが、勝っていてもおかしくない試合でした。そこで勝たせてもらえなかったということは、もし格闘技の神様がいるなら実生に、もっと成長しなきゃダメだぞといういい試練を与えてくれています。これからもっと強くるなと思います」と期待を込める。

公開スパーは、武尊の一言で異例の延長へ突入!

 今回、橋本にとってはKrush以来のワンデートーナメントを経験することとなるが、「1日3試合することに対してのスタミナ面の心配はありません。とりあえず、一回戦の相手(=大村修輝)はプロデビュー戦の選手で何もわからない部分があるので、とりあえず一回戦だけ集中することを考えています。トーナメントとかを気にせずにガンガンいきたい」と目の前の集中しているという。

 先日の記者会見ではトーナメントメンバーからは戦いたい相手として名指しされることの多かったことについては「そこに関しては特に何も意識していません。僕がやりたいのは松本日向選手。試合をやっていて一番強い選手と思ったので、松本選手にリベンジすることでトーナメントも盛り上がると思います」と過去に2戦して2敗している松本へのリベンジを宣言した。

「何が何でも優勝する」と意気込む橋本

 最後に、武尊からは「リングに上がればデビュー戦だろうがチャンピオンだろうが、みんな一緒。そこで一番面白い試合をした選手が称えられる。今回僕は出ませんが、大会で一番自分が輝きたいと思っている選手には、それが試合にも出てきます。今回のトーナメントには凄く華のある選手が多いので、世間にその華をアピールした上で強さも見せて、チャンピオンになった人が輝いていく。僕は実生にそのチャンピオンの座に就いて欲しいと思いますし、そういう“星”を持っている選手だから、チャンピオンになったらもっと輝ける。実生は松本選手に2回負けていて凄く悔しい思いをしていますが、大きい舞台でやり返すための序章だったと思います。そのためのトーナメントなので、実生にとっては一番いい舞台になる」とのエールが送られた。

 それを受けて橋本も「武尊さんにそう言ってもらえて嬉しいです。まだ結果も残せてないので、今回は勝たないと本当に終わりやと思って、何が何でも優勝します」と力強く優勝を宣言した。

☆この大会の詳細

●編集部オススメ

・【K-1】平均年齢20.75歳の新世代ワンデーT開催!大田区大会で「新しいK-1を作る」(中村P)=5.23

・【K-1】”平均20歳”8選手が鮮やかに色、5.23「バンタム級Tポスター」公開! ”ポスターサポーター”応募で無料GETも!

・(動画あり)【K-1】武尊がレオナにKO勝利! 次は夢の一戦へ、那須川天心がリングサイドで見守る

・【K-1】”邪道魂”壬生狼一輝が電流爆破を生観戦で興奮、大仁田「K-1で優勝したら寿司に連れてってやる」

・【Krush】橋本実生、KOでプロ初勝利「ここから進化していく」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧