TOP > ニュース 一覧

【RISE】風音、大﨑孔稀の勝利予想に「舐めんのも大概にしろ、見てろよ」カーフキック対策は万全

2021/05/09(日)UP

試合を1週間後に控えた風音、「減量中」と書かれたTシャツ姿で公開練習に臨んだ

 5月16日(日)に無観客で開催、ABEMAで生中継される『RISE on ABEMA』で大﨑孔稀(21=OISHI GYM)と対戦する、風音(22=TEAM TEPPEN)が所属ジムにて公開練習を行った。

 風音は、プロキャリア前半は関西を中心に活躍し、19年3月にTEAM TEPPENに移籍。同年9月には元新日本キックボクシング協会フライ級王者の麗也からTKO勝利、11月には元NJKFフライ級王者の松谷桐に判定勝利を収め5連勝をマークしていたが、昨年2月の大﨑一貴との一戦で敗れて連勝がストップ。今年2月には、1年ぶりの再起戦で強豪・HIROYUKIにダウンを奪って勝利している。

キレのあるシャドーを披露した

 今回の試合に勝利すれば、今年7月より開催予定である「RISE DEAD OR ALIVE(DoA)-53kgトーナメント」の出場権を手にする。DoAトーナメントには、以前に敗戦を喫した大﨑一貴の参戦が内定している。

 試合が近づいてきて「調子は良い感じなので、(試合まで)1週間、勝つ確率をちょっとでも上げるために、という感じです」と好調ぶりを話す風音。風音は4年前に大﨑孔稀と対戦し、2度のダウンを奪われて判定負けしており、孔稀の兄・一貴にも昨年2月に2度のダウンを奪われて判定負けしている。そのことに関して「(大﨑兄弟のことが)付いて回りますよね」と因縁めいたものを感じている。

今回の対戦カード発表会見で並んだ大﨑孔稀(左)と風音

 再戦となる孔稀について、風音は「4年前にやっていて、お互いそれから成長していると思う。その時は2回ダウンを取られて、効かされたので試合のことはあまり覚えていない」と、前回の敗北を思い返す。今回はその時の敗戦を糧に「お客さんが来れないので、応援してくれる方もいるから、そういう人と喜びを共有したい」との思いがある。

 今回のDoAトーナメントへの出場資格をかけた一戦において、勝敗予想では相手の孔稀が勝利するとの予想が多数ということもあり「周りはみんな大﨑選手が勝つやろと、確定みたいな感じで言われているので、めちゃめちゃ腹が立っている」と不快感を表し「舐めんのも大概にしろと。そういう気持ちでいっぱいです。見てろよって、ほんま舐められすぎなので今回」と熱い気持ちを語った。

ミットにパンチを打ち込む風音(右)

 自身が不利と言われる中で、勝利を掴むことが風音の最大のモチベーションだ。「(今が)めちゃめちゃ強いと思う。こういう時の方が乗っていて、調子もいいしそれを覆してなんぼなので楽しみ。今回もそれを覆せるかと思うと楽しみです」と目を輝かせた。

 今回の公開練習では、キレのあるシャドーを披露した風音。記者から打撃の際に体の軸がブレていないことについて触れられると、以前からの課題であったと明かした。現在はそれを克服したことで「(パンチの)当たった時の感じは変わりました。それで倒せているから」と手応えを話した。

 風音の魅力といえば、高いパンチのスキルと倒せる拳だ。それ以外の強みとして「コンビネーション、パンチから蹴りの繋がりですね。上下に振ったりとかは、はまっていけば自分のリズムになる」と語った。自身の武器で孔稀を攻略することができるか。さらに、現在流行りのカーフキックでKO勝利もしている孔稀には「(対策は)ばっちりですね。全然余裕ですね、蹴ってこいって感じです」と自信満々に語った。

☆この大会の対戦カード、スケジュールなど

●編集部オススメ

・【RISE】-53kgトーナメント本戦出場懸けて4選手が激突、現王者・大﨑一貴の弟・孔稀「覚悟が出来た」

・【RISE】女王・寺山日葵に無敗の17歳・AKARIが挑む!寺山は「圧倒的に勝つ」AKARIは「ぶっ潰す」

・【RISE】志朗が進化、Youtubeでの練習映像に「蹴りで音が鳴るのを初めて聞いた」「天心の動きに似ている」とファン驚愕

・【RISE】大崎一貴、三冠王・一航に勝利!風音はHIROYUKIにダウン奪う快勝

・那須川天心、来年3月キック引退し、ボクシング転向宣言!「ボクシングでも革命起こす」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧