TOP > ニュース 一覧

有井渚海ら出場の1DAYキック・トーナメントに寺山遼冴も参戦、全8選手決定=6.20修斗大阪

2021/05/28(金)UP

新世代王者決定戦出場者

 6月20日(日)に大阪・メルパルクホールOSAKAで開催の『プロフェッショナル修斗公式戦 PROFESSIONAL SHOOTO 2021 Vol.4 in OSAKA Supported by ONE Championship 第1部/第2部』内で行われる、全日本新空手道連盟の「CKC2021 -54kgトーナメント(CAGE KICK CHAMPIONSHIP2021 -54kgトーナメント)ー新世代王者決定戦ー」出場選手が発表された。

出場が発表されていた5選手(左から)木下、内藤、有井、匠朗、田渕(C)RISE

 同トーナメントは24歳以下の選手を対象にした8名による1DAYキックトーナメントで、一回戦4試合を第一部で、準決勝、決勝を第二部で行う。参加選手は、キック界新世代筆頭・有井渚海(19=及川道場)ら5名が既に発表されていた。

 新たな出場選手として、“神童”那須川天心率いるTEAM TEPPENが送り込む寺山遼冴(17=TEAM TEPPEN)、RISE推薦選手・大森隆之介(21=EX ARES)、DEEP KICK推薦選手・鷹介(21=魁塾)の3名が決定。

参戦決定した3選手(左から)大森、寺山、鷹介

 寺山はRISE QUEENミニフライ級王者・寺山日葵の実弟。17歳にして、DEEP☆KICK53kg王座を獲得するなどキャリアを積んでいる。同じくトーナメント出場の有井とは2度対戦経験があり、2019年12月にドロー、2020年11月に僅差で判定負けを喫している。

 RISE推薦選手・大森はパンチとバックスピンキック、カーフキックと多彩な技を持ち、時にはサウスポーにも変化する。現在4戦無敗3KOと波に乗る。

有井渚海と寺山遼冴の初対戦時 (2019年12月)

 DEEP KICK推薦選手・鷹介は18戦のキャリアを誇り、勝利試合は1ラウンドでKOと、より早く倒した方が有利なワンデートーナメントにはぴったりのファイトスタイルを持つ。大森とは今月16日のRISEで対戦しており、判定負けを喫している。

 今回のトーナメントは、過去に対戦経験がある選手同士も多く、まさに新世代闘争となる。また、参戦選手のうち5名が意識する選手として有井の名前を挙げている。一方、有井は「敵は自分自身」と語りライバル達の更に上をいくモチベーションでトーナメントに臨む。
 王座と賞金100万円を手にするのは、果たしてどの次世代選手か。

≫次ページはトーナメント出場8選手のプロフィールとコメント

●編集部オススメ

・有井渚海ら参戦決定、U24の1DAYキック・トーナメント開催=6.20修斗大阪

・[有井渚海と寺山遼冴の前戦]【RISE】有井渚海が左フックで寺山遼冴に僅差判定勝利、再戦制す

・[有井渚海と寺山遼冴の初戦]【Stand up】有井渚海は15歳・寺山遼冴と大接戦ドロー

・【Road to ONE】”恋ステ”有井渚海がバックハンドブローで衝撃KO勝利、夢のONE本戦へつなぐ

・極真伝説の猛者・盧山初雄が73歳で再婚「若さの秘訣は”恋”と空手修行」お相手はウクライナ人女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧