TOP > ニュース 一覧

【UFC】ヘビー級新王者ガヌー、ルイスとの雪辱&初防衛戦は8月ヒューストンへ

2021/05/30(日)UP

アリスター・オーフレイム(右)を左フックでKOしたガヌー(17年12月=©Getty Images/UFC)

 UFCヘビー級新王者のフランシス・ガヌー(34=カメルーン)が、同級2位で”黒獣” ”ザ・ブラック・ビースト”の異名を持つデリック・ルイス(36=米国)を迎える初防衛戦は8月のヒューストン大会で実現が濃厚であると、UFCのダナ・ホワイト社長からの発言として米メディア「Yahoo! Sports」の記者ケビン・イオルが27日に自身のSNSで発信した。

▶︎【動画】ヘビー級怪物王者ガヌーの豪快フィニッシュ!トップ5映像集、殴られたアリスター・オーフレイムの顔が弾け飛ぶ衝撃映像も

 以前、ホワイト社長は10日のカナダ・メディア『TSN』の取材で、ガヌーの防衛戦の相手をルイスで固めていることを示唆し「成立に向けて動いている最中だ。夏あたりに実施する予定だ」と語っていたことから、この話がかなり具体的に進んでいることとなる。

ブレイズ(右)から逆転KO勝利を収めたルイス(左)(©Getty Images/UFC)

 ガヌーとルイスは18年7月に対戦し、その際はルイスが判定勝利を収めたが、その時はお互い消極的な動きが目立ち、不完全燃焼に終わった試合と評されているが、ガヌーはそのルイスに敗れた後から5連続KO勝利で王座戴冠。
 一方のルイスもここ4連勝(2KO)と波に乗っているだけに、3年越しの再戦は、両者が一番勢いがあるタイミングでの激突となるため、激戦が期待できそうだ。

 このドリームカードがヒューストンで行われる理由の一つに、今月16日に米テキサス州ヒューストンのトヨタ・センターで開催された『UFC262』の成功にあるだろう。メインカードをライト級王座決定戦「チャールズ・オリベイラvsマイケル・チャンドラー」に置いた本大会は、ベラトールとUFCの2大メジャー団体制覇を目指していたチャンドラーを、8連勝と波に乗るオリベイラが逆転のTKOで下すなど、名勝負が誕生。コロナ禍にも関わらず、会場には1万6千人の観客が詰め掛け、PPVは米国内だけで30万件の数字を出している。

 史上最強のヘビー級王者の誕生と高い評価を受けるガヌーだが、過去にボクシング元ヘビー級世界王者のジョージ・フォアマンにボクシング転向を誘われたルイスの3025勝で20KOの破壊力あるパンチも侮れない。早い正式決定が期待される。 

▶︎次ページ(動画)は、ヘビー級怪物王者ガヌーの豪快フィニッシュ!トップ5映像集、殴られたアリスター・オーフレイムの顔が弾け飛ぶ衝撃映像も

●編集部オススメ

・【UFC】ヘビー級新王者ガヌー、初防衛は“黒獣”ルイスと高KO率同士の再戦が濃厚

・[前回の対戦]ガヌーがルイスに判定負け=18年7月

・【UFC】マクレガーがポイエーを再び挑発、“ディアスの顔面流血写真”投稿の意味とは

・(動画あり)タップもギロチン外さない“無法”男にレフェリーが“まさか”の行動に!?=海外MMA

・(動画あり)衝撃KOと動画が満載!イーファイトの“KO&一本”特集ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧