TOP > ニュース 一覧

【RISE】王者・山田洸誓、初黒星つけられた北野克樹に「久しぶりにムカついている、絶対KOです」

2021/06/02(水)UP

RISEスーパーライト級王者・山田洸誓

 6月18日(金)東京・後楽園ホールにて開催される『RISE150』のメインイベントで、スーパーライト級(-65kg)王座の防衛戦を行う山田洸誓(28=正道会館KCIEL)が公開練習を行った。
 山田は同級1位の北野克樹(25=誠至会)の挑戦を受ける。

 山田は正道会館仕込みの強烈な打撃でダウンを量産。昨年9月に強打者・山口侑馬を下し、RISEスーパーライト級王座を獲得した。その山口戦を含めデビュー以来11連勝(7KO)と快進撃を続けていたが、昨年11月のノンタイトル戦で、今回対戦となる北野の多彩な足技を攻略できず、まさかの初黒星を喫した。
 今年1月に日本四冠王・実方拓海を判定で下し初防衛に成功すると、試合後の勝利者コメントで北野へのリベンジ戦を要求。今回ベルトもかかり負けられない一戦となる。

得意のパンチを多用したシャドウを披露

 山田は公開練習で、得意のパンチを多用した滑らかなシャドウを披露。ノーモーションの素早いハイキックも幾度か繰り出す。またミット打ちでは、時折蹴りを繰り出すトレーナーのミットに、ワンツーや右ストレート中心に快音を響かせた。

 練習後の囲みインタビューで山田は、前回の敗因について「相手の蹴り技の距離で戦ってしまったこと。意外と蹴りの射程が長いなと」と語る。「でも、もうわかっているので」と相手の間合いは掴んだとのことだ。

素早いハイキックも繰り出す

 さらに「(敗因の)一番はメンタル。絶対やってやるぞという、試合に臨む姿勢が足りなかった」と振り返る。

 相手の北野は、前回の試合後の会見で山田について「まだケツの青い相手」「何回やっても同じ」と発言している。
 これに対し山田は「久しぶりにムカついてる。年下にそんなこと言われる人生送ってきたことなかったので」と憤る。「久しぶりに燃えている。普段はイライラすることもないけれど、今回に限っては倒してやるよと言う気持ちもある」とKO勝利でのリベンジを目指す。

ミットに快音を響かせた山田(左)

 今回の試合は「2Rくらいでちゃちゃっと」片付けるつもりだ。北野の弱点がわかったかと問われると、山田は「パンチは打てないでしょ。ナメてはないし、全く打てないこともないと思うけれど、僕よりは絶対に打てない。今回はいかに僕の距離で戦えるか」と、間合いの取り合いが鍵だとする。

 さらに「相手もパンチで来ると予想するでしょうけど、僕も蹴れるんで。他にも、言えないけれども潰せる技もあるんで、出していければ」と秘策もあるようだ。

前回の試合、両者のパンチが交錯する

 北野の蹴りについては「空手家の中には、蹴りが上手い選手がいっぱいいますからね。その中の一人という感じ。特別ではない」と語り、再戦の勝率についても「空手のトーナメントでは、結構な確率でリベンジ戦になるけれど、2回目は負けたことがないかな」とリベンジはお手のものだ。

 最後に「メインにふさわしい試合します。絶対KOです」と、リベンジ戦にして防衛戦をKO勝利で飾ると宣言した。

☆この大会の対戦カード、スケジュール、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・王者・山田洸誓が敗れる波乱、北野克樹の足技攻略できず判定負け

・【RIZIN】那須川天心、東京ドームで何と”1対3″マッチに挑戦へ「3人をKOする」=6.13

・”介護士ファイター”北野克樹、障がい者にキック教える活動も「ベルトを持って帰ってきて」との思いに応える

・女王・寺山日葵に挑む“8頭身JKファイター”AKARIが強気の計量「4、5R行く前に倒す気で行く」

・【RIZIN】榊原代表、6.13東京ドームの武尊vs天心戦が「幻になってしまった」開催と中止までの経緯を語る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧